野次馬ライトスタンドBACK NUMBER

東京・国分寺「もつ鍋 わたり」による、
プロ野球前半戦総括<2011年編>。 

text by

村瀬秀信

村瀬秀信Hidenobu Murase

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2011/07/22 13:00

東京・国分寺「もつ鍋 わたり」による、プロ野球前半戦総括<2011年編>。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

昨季はプロ野球史上初となる3年連続90敗にして3年連続最下位を記録した横浜。今季これまで(7月22日)の成績は25勝44敗6分でブッチギリの最下位だが、フロントはトレードなどの補強も行わないと断言。フロントとの会談後に「頑張ってくれということだった」とコメントした尾花高夫監督

「死体に向かってとどめを刺す」鬼のダルビッシュ。

――ソフトバンクにぴったりついている日本ハムはどうでしょう?

「すげぇな。すげぇよ。ダルビッシュもすげぇけどよ、中継ぎもすげぇよ。左右2枚ずつぐらい投げっぷりのいいピッチャーが揃ってるねぇ。

 俺は投げっぷりのいいやつが好きなんだよ。広島にいたチェコとかな。あれだけ投げっぷりのいいピッチャーが集まるってのも、そのチームのカラーなんだろうな。昔から中日に行けば球が速くなる、近鉄に行けば打てるようになるって言っただろ。あれ“当たり前”のレベルが違うんだよ。

 中根さんが近鉄からベイスターズに来た時、全体のバッティング練習が近鉄時代より全然足りないから居残りして打ってたら『中根、連日特打』って書かれてんだから。日ハムの投手陣はそういういい流れに乗った感じがするね」

――その大元になったのはやっぱりダルビッシュですか?

「だろうね。恐ろしいだろ、アレは。気合い入りまくってんもんな。あんな球投げて、さらにコントロールもいい上に、気合い入ってんだ。普通に投げても余裕でバッターは死んでるのにさらに死体に向かってとどめを刺すってどんだけ鬼なんだって。もう来年は御歳暮のハムを何本売ったって年俸は払えねえだろうからメジャーに出すしかないだろうけど、ダルビッシュがチームに遺した財産は測り知れねえだろうな。中田とかもいい感じに生意気に育ったしな」

「ああいう愛される選手ってのは貴重だよ」の斎藤佑樹。

――ルーキーの斎藤佑樹も受けた影響は大きいでしょうね。

「だろうな。間近でダルビッシュを観られるんだから、それだけで運を持ってるんだろうよ。

 実力的にはまだまだで、シーズンが始まる前は“パッとした若田部さん”ぐらいの感じだろうと思ってたけどよ、フタを開けてみれば、技術は若田部さん以下でもなんだかんだで3勝しちまった。ああいう愛される選手ってのは貴重だよ。

 店に食べに来た時も礼儀正しいし、他の選手が『なんとかしてやろう』って思えるキャラクターだよな。優勝争いの場面じゃ使いたくないだろうけど、そこそこ勝つだろ、アレは」

【次ページ】 今季のテーマは「11球団対ダルビッシュの勝負だろ」。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

中野渡進
村田修一
金城龍彦
相川亮二
谷繁元信
和田一浩
藤井彰人
小林宏
ダルビッシュ有
斎藤佑樹
横浜ベイスターズ
東京ヤクルトスワローズ
中日ドラゴンズ
阪神タイガース
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ