野次馬ライトスタンドBACK NUMBER

東京・国分寺「もつ鍋 わたり」による、
プロ野球前半戦総括<2011年編>。 

text by

村瀬秀信

村瀬秀信Hidenobu Murase

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2011/07/22 13:00

東京・国分寺「もつ鍋 わたり」による、プロ野球前半戦総括<2011年編>。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

昨季はプロ野球史上初となる3年連続90敗にして3年連続最下位を記録した横浜。今季これまで(7月22日)の成績は25勝44敗6分でブッチギリの最下位だが、フロントはトレードなどの補強も行わないと断言。フロントとの会談後に「頑張ってくれということだった」とコメントした尾花高夫監督

今季のテーマは「11球団対ダルビッシュの勝負だろ」。

――周りに何を言われても結果を出せば評価されますからね。

「そう、結果がすべて。結果を残せば里崎が単独ディナーショーをやったって、何をしたって文句は言われねェんだよ。

 でも今の若い選手は感情が見え難いし、怒られると委縮する世代みてぇだからな。星野さんの熱い野球が楽天で通じないのも、広島の野村さんが昔ながらのやり方でバシバシやって結果が出なかったのも、そういうことなんだろ。

 個人的には、技術的にはやれと言っても無理だろうけど、気持ちの面だけでもダルビッシュに近い選手が出てきてほしいよ。横浜の選手は村田といい、吉村といい優しい選手が多いんだよな。あんまりやりすぎると俺みたいにクビになるけど」

――では最後に後半戦の展望を予想してください。

「専門家じゃねぇからセもパも予想なんてできねぇけど、11球団対ダルビッシュの勝負だろ。願望としては日本シリーズで稲尾さんみたいに4連投4連勝ぐらいしてほしいね。あと一連のゴタゴタでレバ刺しが食えなくなるから福浦さんが悲しむだろうな。別名“レバ浦”と呼ばれるぐらいレバ刺し好きだからな。あの人」

 以上、夢の球宴・オールスター前のお目汚し。元横浜救援投手によるペナント前半戦総括でした。

■関連コラム► 一戦必勝体制の横浜ベイの救世主?心を入れ替えて復活した吉村裕基。
► 元横浜にして現もつ鍋屋主人が語る!「谷繁伝説」&日本シリーズ展望。

コメントする・見る
BACK 1 2 3 4 5

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

中野渡進
村田修一
金城龍彦
相川亮二
谷繁元信
和田一浩
藤井彰人
小林宏
ダルビッシュ有
斎藤佑樹
横浜ベイスターズ
東京ヤクルトスワローズ
中日ドラゴンズ
阪神タイガース
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ