オリンピックへの道BACK NUMBER

39歳にして五輪代表の座を掴んだ、
ジャンプ岡部孝信の揺るぎなき信念。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byAtsushi Tomura/AFLO SPORT

posted2010/01/19 10:30

39歳にして五輪代表の座を掴んだ、ジャンプ岡部孝信の揺るぎなき信念。<Number Web> photograph by Atsushi Tomura/AFLO SPORT

1994年のリレハンメルで初めて五輪に出場し、以来コンスタントに活躍し続けてきた岡部。たび重なるレギュレーションの変更には泣かされているが、バンクーバーでは雪辱なるか!?

絶対にあきらめない不屈の精神力が岡部を支える。

 年齢的には、競技生活をあきらめてもおかしくない中、なぜ何度でも復活できるのか。

 手がかりは、岡部が以前、口にした、「自分を信じられなくなったことはない」という言葉にある。強い信念があるからこそ、あきらめることなく、第一線にいることができるのだ。技術、身体能力よりも何よりも、メンタルの強さが、岡部を支えている。

 4度目のオリンピックとなるバンクーバーで、岡部がどのようなジャンプを見せるのか。

 それが彼自身の成績はむろんのこと、長野五輪以来遠ざかっている日本団体のメダル獲得にも結びつくことになる。

関連記事

BACK 1 2
岡部孝信
オリンピック・パラリンピック

冬季スポーツの前後の記事

ページトップ