NumberEYESBACK NUMBER

高橋大斗、復活の3位。
バンクーバーは見えたか。 

text by

折山淑美

折山淑美Toshimi Oriyama

PROFILE

photograph byToshimi Oriyama

posted2008/12/18 00:00

高橋大斗、復活の3位。バンクーバーは見えたか。<Number Web> photograph by Toshimi Oriyama

 「まさかここで3位になるとは……」

 フィンランド・クーサモで開幕したノルディックスキー複合のW杯個人第2戦。表彰台に立った高橋大斗の正直な感想だった。ジャンプの好調さは自覚しながらも、後半の距離(クロスカントリー)にはまったく自信を持てなかったからだ。

 10月のヨーロッパ合宿でひいた風邪が長引き、走りの練習が本格的にできるようになったのはフィンランド入りしてからだった。特に開幕1週間前に行われた記録会ではジャンプでダントツのトップに立ちながら、距離で他の日本人選手全員に完敗するほどの絶不調。W杯第1戦では、ジャンプで3位につけ、粘りの走りで昨季の最高位と並ぶ7位に入ったものの、この日も同じような走りができるとは思っていなかった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1032文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

攻撃進化論。ATTACKING EUROPE

Sports Graphic Number 718

攻撃進化論。
ATTACKING EUROPE

 

アンシ・コイブランタ
ヤンネ・リーナネン
高橋大斗
バンクーバー五輪
オリンピック・パラリンピック

冬季スポーツの前後の記事

ページトップ