SCORE CARDBACK NUMBER

ジャンプ岡部が38歳で
代表復帰できた理由。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byShino Seki

posted2009/02/12 00:00

ジャンプ岡部が38歳で代表復帰できた理由。<Number Web> photograph by Shino Seki

 スキー・ジャンプのワールドカップ(W杯)日本代表に岡部孝信が復帰した。現在38歳、ジャンプの国際大会で戦う選手の中で最年長である。この歳にしてというのも驚きだが、何度外れても再び代表に戻ってくるところに岡部の凄みがある。

 1989年、W杯に初めて出場した岡部は、'94年リレハンメル五輪団体で銀、'98年長野団体で金メダルを獲得。'95年の世界選手権のノーマルヒルで金メダルと、世界のトップジャンパーの一人として活躍してきた。だがその後ルール変更の影響もあり不調に陥る。代表からも外れるようになり'01年2月を最後に長期間、W杯遠征メンバーから岡部の名前は消えた。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

岡部孝信
バンクーバー五輪
オリンピック・パラリンピック

冬季スポーツの前後のコラム

ページトップ