Jリーグ 

浦和、ACL広州戦を2-0で完勝。危機管理の中心にいた槙野智章。

JリーグPRESS

浦和、ACL広州戦を2-0で完勝。
危機管理の中心にいた槙野智章。

今季の浦和は、順調に勝ち進むACLの一方で、リーグ戦、天皇杯、ルヴァンカップと国内のコンペディションでは振るわず、明暗がは… 続きを読む

寺野典子Noriko Terano

2019/10/03

岡田武史の理念を実現する橋本英郎。FC今治のJ3昇格を引っ張る40歳。

サムライブルーの原材料

岡田武史の理念を実現する橋本英郎。
FC今治のJ3昇格を引っ張る40歳。

岡田武史オーナーは、その人を「ハッシー」と呼ぶ。オーナーと同じ大阪有数の進学校、天王寺高出身。ガンバ大阪ユースからトップ… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2019/10/03

ヴィッセル唯一の27試合フル出場。山口蛍が献身の陰に持つ「野望」。

話が終わったらボールを蹴ろう

ヴィッセル唯一の27試合フル出場。
山口蛍が献身の陰に持つ「野望」。

ヴィッセル神戸が徐々に調子を上げつつある。川崎フロンターレを破って、9位に浮上。リーグ戦では8月から9月まで負けたのはホー… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2019/10/02

東京五輪世代が次々と海外移籍の中、J2愛媛で長沼洋一はどう飛躍する?

JリーグPRESS

東京五輪世代が次々と海外移籍の中、
J2愛媛で長沼洋一はどう飛躍する?

今年の夏、東京五輪世代に名前を連ねるような選手たちが次々と新たな移籍先を求めた。国内に限った話ではない。10代で海外に渡っ… 続きを読む

林遼平Ryohei Hayashi

2019/10/02

『祖国と母国とフットボール ザイニチ・サッカー・アイデンティティ』ルーツを巡る苦悩と葛藤が滲む。願いにあふれたアイデンティティの物語。

本継!SPORTS BOOKリレー

『祖国と母国とフットボール ザイニチ・サッカー・アイデンティティ』ルーツを巡る苦悩と葛藤が滲む。願いにあふれたアイデンティティの物語。

スポーツと政治は別もの――。いつの頃からかやけに耳につくようになったフレーズだ。それも東アジア諸国との関係において語られ… 続きを読む

早見和真Kazumasa Hayami

有料

2019/10/02

酒井高徳とヴィッセルの幸福な関係。「僕が神戸へ来たときに比べると」

JリーグPRESS

酒井高徳とヴィッセルの幸福な関係。
「僕が神戸へ来たときに比べると」

「いやいや、まだ何も果たせてないですから」9月28日、川崎相手に2-1と勝利した神戸の酒井高徳は、広報スタッフに促されながら… 続きを読む

寺野典子Noriko Terano

2019/10/01

J2新潟を沸かせる期待のルーキー。本間至恩に初めて届いた「歓声」。

“ユース教授”のサッカージャーナル

J2新潟を沸かせる期待のルーキー。
本間至恩に初めて届いた「歓声」。

“オレンジの閃光”がデンカビッグスワンスタジアムを大きく沸かせた――。J2第34節・アルビレックス新潟vs.水戸ホーリーホック… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2019/09/30

<40歳になっても変わらない哲学と習慣>小野伸二「すべてを全力で楽しみたい」

Sports Graphic Number

<40歳になっても変わらない哲学と習慣>
小野伸二「すべてを全力で楽しみたい」

“永遠のサッカー少年”は笑顔を絶やさない。独自のコンディション管理でプロ生活22年目を迎え、今なおチャレンジし続けることへ… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2019/09/26

松井大輔が目をかけるドリブラー。横浜FC・松尾佑介は五輪を目指す。

話が終わったらボールを蹴ろう

松井大輔が目をかけるドリブラー。
横浜FC・松尾佑介は五輪を目指す。

久しぶりに「速いなぁ」と腰を浮かさせてくれた。横浜FCのサイドハーフでプレーする中山克広と松尾佑介である。とりわけ興味を引… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2019/09/25

危機感を基盤に地域で生きる。鹿島がメルカリを選んだ理由。

SCORE CARD

危機感を基盤に地域で生きる。
鹿島がメルカリを選んだ理由。

「常勝軍団」と「安定経営」を誇っても鹿島アントラーズから危機感が消え去ることはない。ホームタウン5市の人口は28万人に満た… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

有料

2019/09/25

おちゃらけキャラだが実は「巧い」。浦和・森脇良太、異能の400戦出場。

JリーグPRESS

おちゃらけキャラだが実は「巧い」。
浦和・森脇良太、異能の400戦出場。

試合前、選手紹介で浦和レッズの森脇良太が呼ばれただけで、相手サポーターから盛大なブーイングが沸き起こる。これはFC東京、鹿… 続きを読む

佐藤亮太Ryota Sato

2019/09/23

ロティーナ監督の下で迎える新境地。好機を生む水沼宏太の位置取りの妙。

“ユース教授”のサッカージャーナル

ロティーナ監督の下で迎える新境地。
好機を生む水沼宏太の位置取りの妙。

4連勝と調子を上げているセレッソ大阪。そのなかで日に日に存在感が大きくなっている選手がいる。水沼宏太だ。横浜F・マリノスの… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2019/09/22

日本はあっさり、中国はこってり。ACL鹿島戦で感じたテイストの違い。

JリーグPRESS

日本はあっさり、中国はこってり。
ACL鹿島戦で感じたテイストの違い。

2試合合計1-1。アウェーゴールの差で広州恒大が鹿島を下したACL準々決勝第2戦は、最後の最後まで目を離せない好ゲームだった。 … 続きを読む

熊崎敬Takashi Kumazaki

2019/09/20

鹿島がアウェイゴール差でACL敗退。土居聖真が悔いた「ただのいい試合」。

JリーグPRESS

鹿島がアウェイゴール差でACL敗退。
土居聖真が悔いた「ただのいい試合」。

またも広州にアウェイゴールの差で鹿島は敗れた。9月18日カシマスタジアム、ACL準々決勝セカンドレグ。セットプレーが試合の鍵に… 続きを読む

寺野典子Noriko Terano

2019/09/19

ACL4強を決めた阿部勇樹の誇り。「ここは埼玉スタジアムだから」

JリーグPRESS

ACL4強を決めた阿部勇樹の誇り。
「ここは埼玉スタジアムだから」

「アウェイゴール、大きかったですね」試合終了後のミックスゾーン。誰もがそう感じたに違いない。 続きを読む

寺野典子Noriko Terano

2019/09/18

失い始めたガンバ常勝の記憶。ルヴァン杯でイズム継承なるか。

JリーグPRESS

失い始めたガンバ常勝の記憶。
ルヴァン杯でイズム継承なるか。

勝者のメンタリティとは、決して目に見えたり、数字で表せたりする概念ではない。Jリーグでは鹿島アントラーズが、代々「ジーコ… 続きを読む

下薗昌記Masaki Shimozono

2019/09/18

ベンチ外、J3も経験した田中亜土夢。劇的ミドルの裏にあった葛藤と自信。

“ユース教授”のサッカージャーナル

ベンチ外、J3も経験した田中亜土夢。
劇的ミドルの裏にあった葛藤と自信。

今季リーグ戦で1度もスタメン出場していない男が、意地の一撃を見せた。J1第26節、セレッソ大阪がアウェーに乗り込んだ浦和レッ… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2019/09/17

脇坂泰斗は「とにかく、やりやすい」川崎で評判高い、心配りと泥臭さ。

JリーグPRESS

脇坂泰斗は「とにかく、やりやすい」
川崎で評判高い、心配りと泥臭さ。

とにかく、やりやすい。王者・川崎フロンターレの同僚たちに聞くと、皆がそんなフレーズを口にする選手がいる。 続きを読む

いしかわごうGo Ishikawa

2019/09/14

浦和レッズは“硬派”をやめたのか。「観客1万人減」からの新たな挑戦。

スポーツ百珍

浦和レッズは“硬派”をやめたのか。
「観客1万人減」からの新たな挑戦。

Jリーグで一番熱狂的なクラブといえば?そんな質問を受けたら、多くの人が浦和レッズの名前を挙げるだろう。そんな質問を受けた… 続きを読む

茂野聡士Satoshi Shigeno

2019/09/13

槙野智章「プラスの楽しみが走るモチベーションになる」

Sports Graphic Number

槙野智章「プラスの楽しみが走るモチベーションになる」

厳しい夏の暑さ、Jリーグ・ACL・天皇杯と連戦が続くスケジュール。試合で最高のパフォーマンスを発揮するために、日々トレーニン… 続きを読む

福田剛Tsuyoshi Fukuda

2019/09/13

ページトップ