陸上 

今も現役! 谷川真理が語る「走るとは人生を充実させること」

才色健美な挑戦者たち

今も現役! 谷川真理が語る
「走るとは人生を充実させること」

谷川真理がオリンピックの舞台に立つことはなかった。それでも多くの人の記憶に残り、今も市民ランナーにリスペクトされ、愛され… 続きを読む

林田順子Junko Hayashida

2019/09/11

大迫傑、設楽悠太らを見逃すな!金哲彦が語るMGCの魅力と見所。

今日も世界は走っている

大迫傑、設楽悠太らを見逃すな!
金哲彦が語るMGCの魅力と見所。

日本中が固唾を飲んで見守る世紀の一戦、東京2020のマラソン代表選考レース「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」が、… 続きを読む

金哲彦Tetsuhiko Kin

2019/09/09

MGCを制するのは速さか、強さか。東京五輪を狙う実力者たちが集結。

オリンピックへの道

MGCを制するのは速さか、強さか。
東京五輪を狙う実力者たちが集結。

勝負のときは、刻一刻と迫っている。東京五輪のマラソン代表の選考レース、マラソングランドチャンピオンシップ(以下、MGC)が… 続きを読む

松原孝臣Takaomi Matsubara

2019/09/08

大迫傑をよく知る後輩が語る、なぜ、彼は強くなったのか。

Number Ex

大迫傑をよく知る後輩が語る、
なぜ、彼は強くなったのか。

8月30日、マラソン日本記録保持者の大迫傑が初の著書『走って、悩んで、見つけたこと。』を出版する。 続きを読む

林田順子Junko Hayashida

2019/08/30

アメリカ名門大学での陸上と勉強。岡田健が体感した部活の日米差。

スポーツ・インテリジェンス原論

アメリカ名門大学での陸上と勉強。
岡田健が体感した部活の日米差。

今年の陸上日本選手権には、変化の兆しがあった。アメリカの息吹である。サニブラウンはFLORIDAというロゴが入ったユニフォーム… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2019/08/21

「最強」の青学が箱根で負けた理由。東洋、東海が全てをかけた4区勝負。【2019年上半期 陸上部門1位】

スポーツ・インテリジェンス原論

「最強」の青学が箱根で負けた理由。
東洋、東海が全てをかけた4区勝負。
【2019年上半期 陸上部門1位】

2019年上半期、NumberWebで人気を集めたベスト記事セレクションを発表します。陸上部門の第1位はこちら! 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2019/08/19

桐生祥秀が見据える9秒台の先とは。「究極のかけっこで一番になりたい」

Number PLAYBACK

桐生祥秀が見据える9秒台の先とは。
「究極のかけっこで一番になりたい」

早くシーズンを終えたい——。それが昨年秋の、桐生祥秀の偽らざる本音だった。 続きを読む

小堀隆司Takashi Kohori

2019/08/19

「山の神」はやっぱりしぶとかった。今井と神野はなぜ生き残れたか。【2019年上半期 陸上部門2位】

スポーツ・インテリジェンス原論

「山の神」はやっぱりしぶとかった。
今井と神野はなぜ生き残れたか。
【2019年上半期 陸上部門2位】

2019年上半期、NumberWebで人気を集めたベスト記事セレクションを発表します。陸上部門の第2位はこちら! 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2019/08/18

競歩・鈴木雄介「コースの再考を」。来夏のマラソン、競歩はどうなる?

オリンピックへの道

競歩・鈴木雄介「コースの再考を」。
来夏のマラソン、競歩はどうなる?

今年の東京の夏は、梅雨明けが遅かったものの、その後は猛暑にさらされている。日々、この天候のもとにいると、来年の東京五輪に… 続きを読む

松原孝臣Takaomi Matsubara

2019/08/18

北朝鮮・平壌マラソン参戦記、前編。参加費は「米ドル現金払い」の闇。【2019年上半期 陸上部門3位】

Number Ex

北朝鮮・平壌マラソン参戦記、前編。
参加費は「米ドル現金払い」の闇。
【2019年上半期 陸上部門3位】

2019年上半期、NumberWebで人気を集めたベスト記事セレクションを発表します。陸上部門の第3位はこちら! 続きを読む

サハラタカシTakashi Sahara

2019/08/17

北京からリオに繋がったバトン。朝原宣治と山縣亮太が語る4×100。

Number PLAYBACK

北京からリオに繋がったバトン。
朝原宣治と山縣亮太が語る4×100。

あのバトンは今、日本陸連の事務所にある鍵付きキャビネットに保管されている。中国・北京国家体育場、通称“鳥の巣”の夜空に、… 続きを読む

宝田将志Shoji Takarada

2019/08/16

トレランレースで参加者が滑落死。主催者が考えた山における責任の行方。【2019年上半期 陸上部門5位】

Number Ex

トレランレースで参加者が滑落死。
主催者が考えた山における責任の行方。
【2019年上半期 陸上部門5位】

2019年上半期、NumberWebで人気を集めたベスト記事セレクションを発表します。陸上部門の第5位はこちら! 続きを読む

千葉弓子Yumiko Chiba

2019/08/15

夫がスイスで遭難、4年後に遺体発見。残された妻が語る「待つ」ことの意味。【2019年上半期 陸上部門4位】

Number Ex

夫がスイスで遭難、4年後に遺体発見。
残された妻が語る「待つ」ことの意味。
【2019年上半期 陸上部門4位】

2019年上半期、NumberWebで人気を集めたベスト記事セレクションを発表します。陸上部門の第4位はこちら! 続きを読む

千葉弓子Yumiko Chiba

2019/08/13

『疾風になりたい「9秒台」に触れた男の伝言』「強い」ランナー・伊東浩司の切実な言葉が響く、私のバイブル。

本継!SPORTS BOOKリレー

『疾風になりたい「9秒台」に触れた男の伝言』
「強い」ランナー・伊東浩司の
切実な言葉が響く、私のバイブル。

高校生スプリンターの物語『一瞬の風になれ』を書くために、陸上競技の本を色々読んだ。名著が数ある中で、私のバイブルは迷いな… 続きを読む

佐藤多佳子Takako Sato

有料

2019/08/07

飽和するマラソン大会の受け皿に!予算もコースもいらない新しい試み。

今日も世界は走っている

飽和するマラソン大会の受け皿に!
予算もコースもいらない新しい試み。

『Number Do』の座談会で誕生した新しいランイベント「TOKYO FREE10」。 当初は、仲間だけの遊び感覚で何度か実施していたが、や… 続きを読む

金哲彦Tetsuhiko Kin

2019/08/04

自衛隊に究極のストイックランナー。本業は装甲戦闘車の指揮と運転。

Number Ex

自衛隊に究極のストイックランナー。
本業は装甲戦闘車の指揮と運転。

富士登山駅伝の部内予選会の翌日とあって、この日の練習メニューは軽めだという。 だが、「自衛隊最強」といわれる滝ヶ原駐屯地… 続きを読む

千葉弓子Yumiko Chiba

2019/07/23

自衛隊最強の陸上部、滝ヶ原。富士山の歴史を継ぐ「軍武両道」。

Number Ex

自衛隊最強の陸上部、滝ヶ原。
富士山の歴史を継ぐ「軍武両道」。

タキガハラ。 尊敬を込めてそう呼ばれる、「自衛隊最強の陸上部」がある。 その陸上部があるのは、静岡県御殿場市の「陸上自衛隊… 続きを読む

千葉弓子Yumiko Chiba

2019/07/23

<深層ドキュメント>サニブラウン・ハキーム「“悪夢”からの9秒97」

Sports Graphic Number Special

<深層ドキュメント>
サニブラウン・ハキーム「“悪夢”からの9秒97」

100mの日本記録更新と日本選手権2冠。20歳の大器は文字通り日本スプリント界の顔となった。なぜ彼は才能を開花させることができ… 続きを読む

及川彩子Ayako Oikawa

有料

2019/07/15

文武両道かつスポーツ万能。やり投・北口が世界に挑む。~バドミントンでは全国優勝も~

SCORE CARD

文武両道かつスポーツ万能。
やり投・北口が世界に挑む。
~バドミントンでは全国優勝も~

陸上女子投てき界に現れた規格外のニューヒロインに、大きな期待が寄せられている。女子やり投の北口榛花(日大4年)だ。 続きを読む

矢内由美子Yumiko Yanai

2019/07/14

サニブラウンだけじゃない記録の話。女子やり投、100m障害で快挙の気配。

テレビじゃやらないスポーツの話

サニブラウンだけじゃない記録の話。
女子やり投、100m障害で快挙の気配。

2019年の日本陸上選手権は、かつてないほどの注目のされかたで、サニブラウン・アブデルハキームをはじめ、男子のスプリンターは… 続きを読む

小川勝Masaru Ogawa

2019/07/06

短距離走
駅伝
マラソン
トレイルランニング

ページトップ