サッカー 

<名門高校OB対談>鹿児島実業・前園真聖×松井大輔「忘れもしない地獄の日々」

Sports Graphic Number Special

<名門高校OB対談>
鹿児島実業・前園真聖×松井大輔
「忘れもしない地獄の日々」

坊主頭、下宿生活、先輩たちの愛情溢れる指導、永遠に思える走り……。自身の礎を築いた原点で、いつだって思い出してしまう濃密… 続きを読む

粕川哲男Tetsuo Kasukawa

有料

2020/01/24

下田アナの絶叫が心揺さぶる理由。「20回言い間違えたとしても……」

Jをめぐる冒険

下田アナの絶叫が心揺さぶる理由。
「20回言い間違えたとしても……」

「サッカーでゴールデンエイジってあるでしょ。運動能力が急速に発達する10~12歳の頃が、サッカーに必要なあらゆる技術の獲得に… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

2020/01/23

三好康児、ベルギーでの競争と五輪。「のんびりしている時間なんてない」

欧州サッカーPRESS

三好康児、ベルギーでの競争と五輪。
「のんびりしている時間なんてない」

ベルギー最大の都市のひとつ、アントウェルペン。そこに本拠地を構えるのが創設140年目を迎えるロイヤル・アントワープだ。かつ… 続きを読む

林遼平Ryohei Hayashi

2020/01/23

<証言ドキュメント>東福岡×帝京「雪の決勝、伝説の真実」

Sports Graphic Number Special

<証言ドキュメント>
東福岡×帝京「雪の決勝、伝説の真実」

22年前、白く染まった国立競技場での東福岡と帝京の頂上決戦は、高校サッカー史に残る屈指の名勝負として今もなお語り継がれる。… 続きを読む

細江克弥Katsuya Hosoe

有料

2020/01/23

国見史上最も丁寧にノートを書く男、渡邉大剛の罰走で始まったプロ人生。

Number Ex

国見史上最も丁寧にノートを書く男、
渡邉大剛の罰走で始まったプロ人生。

彼は銀色のネックレスをぶら下げて、この遠征に参加していた。「恋愛禁止」の掟を破り、内緒で交際していた同級生の彼女からもら… 続きを読む

松本宣昭Yoshiaki Matsumoto

2020/01/23

サッカー王国静岡、苦悩の20年史。長谷部誠や内田篤人を輩出の一方で。

高校サッカーPRESS

サッカー王国静岡、苦悩の20年史。
長谷部誠や内田篤人を輩出の一方で。

1980年から90年代にかけて、静岡はまさに“サッカー王国”だった。まだJリーグが誕生する以前、人々が目に触れるサッカーは「全… 続きを読む

原山裕平Yuhei Harayama

2020/01/23

イップス、衝突、安英学の助言。マリノスGK朴一圭「勝負は2年目」

JリーグPRESS

イップス、衝突、安英学の助言。
マリノスGK朴一圭「勝負は2年目」

「藤枝MYFCがJ3のカテゴリーに上がったとき、練習場にあるボールがJリーグの公式球に変わっていたんです。『自分もようやくJの舞… 続きを読む

キム・ミョンウKim Myung Wook

2020/01/22

レアルが獲得した18歳レイニエール。ドリブルはカカ、決定力はロナウド級。

熱狂とカオス!魅惑の南米直送便

レアルが獲得した18歳レイニエール。
ドリブルはカカ、決定力はロナウド級。

1月20日、レアル・マドリーが新たな才能を獲得した。その前日に18歳の誕生日を迎えたばかりのフラメンゴの大型アタッカー、レイ… 続きを読む

沢田啓明Hiroaki Sawada

2020/01/22

J開幕前のスター、サントスが見た“王国静岡”の高校サッカー。

Number Ex

J開幕前のスター、サントスが見た
“王国静岡”の高校サッカー。

「カズから教えてもらっていたけど、高校サッカーの人気にはびっくりしたね。ブラジルではユースの大会に5万人も入るなんてあり… 続きを読む

熊崎敬Takashi Kumazaki

2020/01/22

08年に独立、16年にFIFA加盟……。コソボがサッカーの力で蘇る!

フランス・フットボール通信

08年に独立、16年にFIFA加盟……。
コソボがサッカーの力で蘇る!

「抽選で同じ組に入ったとき、イングランド人は『コソボって何だ。いったいどこにあるんだ?』とからかっていた。ところが今日で… 続きを読む

ロマン・ウェルテルRomain Welter

2020/01/22

ローマ、米大富豪による買収迫る?それでもロマニスタには不安なし。

セリエA ダイレクト・レポート

ローマ、米大富豪による買収迫る?
それでもロマニスタには不安なし。

ASローマが“売り”に出ている。昨年末、クラブが発表した声明によると、ダン・フリードキンなる米国の大富豪との間で売却交渉が… 続きを読む

弓削高志Takashi Yuge

2020/01/21

神戸を初戴冠へ導いた“鹿島キラー”。藤本憲明の物語は終わらない。

SCORE CARD

神戸を初戴冠へ導いた“鹿島キラー”。
藤本憲明の物語は終わらない。

“キラー”がキラキラと輝いた。新国立競技場のオープニングマッチとなった元日の天皇杯決勝。ヴィッセル神戸は鹿島アントラーズ… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

有料

2020/01/21

「日本の早期敗退は驚きでした?」カタール監督に質問、率直な答え。

球体とリズム

「日本の早期敗退は驚きでした?」
カタール監督に質問、率直な答え。

明らかに我が国の代表に一目置いている。そんな響きだったので、直後に機会を得て、今大会の日本の印象を尋ねてみた。「日本の早… 続きを読む

井川洋一Yoichi Igawa

2020/01/20

青森山田・藤原優大は泣かなかった。「もちろんこの場所に帰ってきます」

“ユース教授”のサッカージャーナル

青森山田・藤原優大は泣かなかった。
「もちろんこの場所に帰ってきます」

ともに最終ラインを担った右サイドバックの内田陽介と右CBの箱崎拓が草柳に食いついたことで、藤原は咄嗟にカバーのポジションを… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2020/01/20

<天才が語る過去と未来>四日市中央工・小倉隆史「28年目のレフティ・モンスター」

Sports Graphic Number Special

<天才が語る過去と未来>
四日市中央工・小倉隆史
「28年目のレフティ・モンスター」

あまりに劇的な活躍で選手権史に伝説を築いた怪物。強烈な左足から彼に異名を授けた若き記者は、後に『28年目のハーフタイム』な… 続きを読む

金子達仁Tatsuhito Kaneko

有料

2020/01/19

“カズの兄”としてブラジルで注目!現地チームを指導、三浦泰年に直撃。

熱狂とカオス!魅惑の南米直送便

“カズの兄”としてブラジルで注目!
現地チームを指導、三浦泰年に直撃。

コパ・サンパウロ挑戦が終わった翌日、サンパウロ市内で話を聞いた。これまでの滞在で得たもの、今後やろうと考えていることにつ… 続きを読む

沢田啓明Hiroaki Sawada

2020/01/18

<回想インタビュー>鹿児島城西・大迫勇也「半端ない通過点」

Sports Graphic Number Special

<回想インタビュー>
鹿児島城西・大迫勇也「半端ない通過点」

今も破られぬ大会記録10得点の無双ぶりで、代名詞「半端ない」を生んだ伝説の選手権。だが伝説を伝説で終わらせず、世界と戦う今… 続きを読む

内田知宏(スポーツ報知)Tomohiro Uchida

有料

2020/01/18

トルシエがU-23日本代表に失望……。「選手達の野心のなさには驚いた」

ワインとシエスタとフットボールと

トルシエがU-23日本代表に失望……。
「選手達の野心のなさには驚いた」

「彼らの監督への最高の応えは、監督が海外組に頼るのは間違いだったと知らしめることだ。選手は森保に対して、自分が何ができる… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

2020/01/18

得点王争いで独走するインモービレ。ラツィオ、20年ぶりの優勝へ期待感。

欧州サッカーPRESS

得点王争いで独走するインモービレ。
ラツィオ、20年ぶりの優勝へ期待感。

長年クラブに関わり、選手たちを熟知するインザーギの下、選手は地力を伸ばしていった。昨季はコッパ・イタリアに優勝、戦術は浸… 続きを読む

神尾光臣Mitsuomi Kamio

2020/01/18

高校選手権のヒーローアンケート。1位は平山相太「明らかに規格外」。

Number Ex

高校選手権のヒーローアンケート。
1位は平山相太「明らかに規格外」。

静岡学園の逆転優勝というドラマチックな結果で盛り上がった第98回高校サッカー選手権。『Number』995号では、このタイミングで… 続きを読む

Number編集部Sports Graphic Number

2020/01/17

サッカー日本代表
Jリーグ
海外サッカー
高校サッカー

ページトップ