#809
Special Feature

「実に柔らかい筋肉でね。弾力が…」「PLがガンガン打ってきた」松坂大輔、甲子園“伝説の3試合”を裁いて【球審2人の告白】

2023/08/09
延長17回までもつれた死闘、6点差からの大逆転、そして伝説の最終章となったノーヒットノーラン。“平成の怪物”は、準々決勝から決勝に至る道程で、次々と劇的な試合を制し、ついに頂点を極めた。捕手の背後に構え、その投球を間近で凝視した2人の球審は、恐るべき右腕に何を見たのか―。(初出:Number809号 松坂大輔 [伝説の3試合を裁いて]「球審は見た!怪物投手の真骨頂」)

 上から投げ込まれた硬く丸い物体が、いよいよ捕手のミットの直前で浮き上がる。

 あらゆる「好投手列伝」において欠かせぬ記述である。いったい物理の法則ではありえるのか。それとも、ただの錯覚なのだろうか。

「こんなボールがストライクになるの?」

 アマチュア野球の元審判員、清水幹裕が、冷房のよく効いた東京都内のオフィスで、当時の驚きを軽妙な調子で再現した。東京大学野球部出身、文部省(当時)のキャリア官僚を経て司法試験に合格、弁護士業務のかたわら、東京六大学を母体に甲子園などの審判を長く務めた。真実への肉薄を職責とする人物は、あの夏の松坂大輔の投球を続けて解説してくれる。

「審判ってね、ボールが半分くらいまできたら、だいたい、これ低いなって分かるんですよ。まあ100人に99人はそのままボール。でも100人にひとり、そこからストライクになるピッチャーがいるんだよね。松坂君の球は絶対に低めのボールだと思うのにストライクになる。あれ、何なんだろうね」

 1998年8月21日の甲子園、横浜と明徳義塾がぶつかる準決勝の球審を担当した。

 試合前、ダグアウト裏のスペースで部長とキャプテンとの短いミーティングを行なう。そこへ松坂大輔が右腕のテーピングの許可をもらいにやってきた。その前日、横浜のエース松坂は、PL学園と当たり「延長17回、250球」を単身で投げきっている。9─7。いまだ語り継がれる名勝負だ。

 清水球審は声をかけた。

PREMIER会員になると
続きをお読みいただけます。
特製スマホリング付き!

今なら「雑誌プラン」にご加入いただくと、
全員にNumber特製スマホリングをプレゼント。
※送付はお申し込み翌月の中旬を予定しています

photograph by Hideki Sugiyama
前記事 次記事