原辰徳 スポーツ名言
原辰徳 雑誌表紙

原辰徳 

147件中 101 - 120件を表示
球界唯一の“左の本格派”吉川光夫が最後まで見せなかった「荒々しさ」。

野ボール横丁

球界唯一の“左の本格派”吉川光夫が
最後まで見せなかった「荒々しさ」。

真っ直ぐが売りの投手は、これでいいのだと思った。日本シリーズ第2戦で8回無失点と好投した巨人の澤村拓一は、本格派投手のいい… 続きを読む

中村計Kei Nakamura

2012/11/02

9回、武田久登板に込められた意図。総力戦制した日ハム・栗山采配の妙。

野球クロスロード

9回、武田久登板に込められた意図。
総力戦制した日ハム・栗山采配の妙。

55年ぶりとなる20歳以下の先発投手対決となった日本シリーズ第4戦。日本ハムの中村勝が、前半はカーブを、中盤からはストレート… 続きを読む

田口元義Genki Taguchi

2012/11/01

CSでの苦しみが呼んだ巨人の快勝。内海と吉川の明暗を分けたものとは?

プロ野球亭日乗

CSでの苦しみが呼んだ巨人の快勝。
内海と吉川の明暗を分けたものとは?

短期決戦の難しさを思い知らされた初戦となった。クライマックス・シリーズ(CS)のファイナルステージで中日にいきなり3連敗。… 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

2012/10/28

絶不調から蘇った中田翔と村田修一。日本シリーズの行方を決める2人の男。

野球クロスロード

絶不調から蘇った中田翔と村田修一。
日本シリーズの行方を決める2人の男。

10月27日から開幕する日本シリーズを間近に控え、両チームの指揮官は徐々に口を開き出す。「巨人は最高のチーム。素晴らしい日本… 続きを読む

田口元義Genki Taguchi

2012/10/26

3連敗から怒涛の3連勝でCS制覇!巨人が手にした下位打線の得点力。

野球クロスロード

3連敗から怒涛の3連勝でCS制覇!
巨人が手にした下位打線の得点力。

2位の中日に10.5ゲーム差。レギュラーシーズンで圧倒的な力を見せつけ優勝を果たした巨人だが、クライマックスシリーズ(以下CS… 続きを読む

田口元義Genki Taguchi

2012/10/23

<空白の1年、再びのドラフトへ> 菅野智之 「待ち焦がれた始まりの地へ」

Sports Graphic Number

<空白の1年、再びのドラフトへ> 菅野智之 「待ち焦がれた始まりの地へ」

夢が叶うはずだったその日、運命は暗転した――。苦渋の決断から1年。再び審判の日が訪れる。野球エリートが受け入れざるを得な… 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

2012/10/22

優勝の秘密は“バランス感覚”にあり!巨人の絶妙なドラフト戦略を読み解く。

詳説日本野球研究

優勝の秘密は“バランス感覚”にあり!
巨人の絶妙なドラフト戦略を読み解く。

セ・リーグは巨人が圧倒的な強さを発揮して3年ぶりに優勝した。優勝が決定した9月21日現在、2位中日につけたゲーム差は11。 続きを読む

小関順二Junji Koseki

2012/10/03

あなたはいつの時点で諦めましたか?'12年、みんなのペナント終戦記念日。【セ・リーグ編】

野次馬ライトスタンド

あなたはいつの時点で諦めましたか?
'12年、みんなのペナント終戦記念日。
【セ・リーグ編】

秋風、スタンド、消化試合。9月21日に巨人軍がぶっちぎりでの優勝を収めた今年のセ・リーグペナントレース。ひと月ほど前には、 続きを読む

村瀬秀信Hidenobu Murase

2012/10/02

いまだ決まらぬWBC日本代表監督。混乱を招いたコミッショナーの責任は?

プロ野球亭日乗

いまだ決まらぬWBC日本代表監督。
混乱を招いたコミッショナーの責任は?

「巨人の監督をやっている限り、もう二度と引き受けることはないと思う」この言葉は重いものとして、深く心に刻み込まれている。 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

2012/10/01

巨人優勝の“陰のMVP”はこの男!ピンチをことごとく救った西村健太朗。

プロ野球亭日乗

巨人優勝の“陰のMVP”はこの男!
ピンチをことごとく救った西村健太朗。

何ともあっけないフィナーレだった。巨人が優勝へのマジック「1」で迎えた9月21日のヤクルト戦。胴上げにあとアウト1つとなって… 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

2012/09/24

2年越しの“恋人”に非情采配のムチ。原監督が村田に厳しい本当の理由。

プロ野球亭日乗

2年越しの“恋人”に非情采配のムチ。
原監督が村田に厳しい本当の理由。

3年ぶりの優勝を目の前にした巨人ファンの間で、密かに「村田問題」が論議されているのだという。 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

2012/09/17

「野球という生き物」が統一球で変化。指揮官に必要な脱“常識”采配とは?

プロ野球亭日乗

「野球という生き物」が統一球で変化。
指揮官に必要な脱“常識”采配とは?

「野球は生き物だ」こう語ったのは巨人の長嶋茂雄終身名誉監督だった。 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

2012/08/20

バッテリーが怖がる“次打者の陰”!?巨人の打線組み換えが奏功した理由。

プロ野球亭日乗

バッテリーが怖がる“次打者の陰”!?
巨人の打線組み換えが奏功した理由。

結果的には「4番・村田」が巨人を活性化させた形になっている。今年の開幕前、ちょっと話題になったのが、巨人の4番は誰が適任か… 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

2012/07/24

交流戦制した巨人の独走は許さない!中日の試合前練習に見た試行錯誤。

野球善哉

交流戦制した巨人の独走は許さない!
中日の試合前練習に見た試行錯誤。

巨人が交流戦を初めて制した。機能し始めた強力打線とノーヒット・ノーランを達成した杉内俊哉など投手陣の活躍もあって、危なげ… 続きを読む

氏原英明Hideaki Ujihara

2012/06/20

「巨人の敵は巨人」ということか?不振の理由は“内なる戦い”にあり。

野ボール横丁

「巨人の敵は巨人」ということか?
不振の理由は“内なる戦い”にあり。

内なる戦い――。巨人の監督を務めていた頃の長嶋茂雄は、一時期、そんな言葉を好んで使っていた。つまり、チーム内競争のことだ… 続きを読む

中村計Kei Nakamura

2012/04/24

巨人の宮國椋丞は本物なのか?若手投手が一軍入りする必要条件。

プロ野球亭日乗

巨人の宮國椋丞は本物なのか?
若手投手が一軍入りする必要条件。

昨年の中日・谷繁元信捕手の盗塁阻止率2割7分は、セ・リーグ6球団の主戦捕手の中で第5位の数字だった。 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

2012/03/04

ビッグネーム獲得で若手が育つ?巨人、大型補強の真の狙いとは。

プロ野球亭日乗

ビッグネーム獲得で若手が育つ?
巨人、大型補強の真の狙いとは。

勝利と育成。監督とは総じて、この二律背反するテーマを追い求めて苦悩するものである。 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

2012/02/19

杉内俊哉が背負う巨人の「18番」。背番号の“物語性”を巡る今昔。

野ボール横丁

杉内俊哉が背負う巨人の「18番」。
背番号の“物語性”を巡る今昔。

FA宣言し、巨人への移籍が決まったソフトバンクの杉内俊哉が、新天地で背番号18を背負うことになった。正直、ちょっと驚いた。真… 続きを読む

中村計Kei Nakamura

2011/12/28

“日本的GM”とはどうあるべきか?巨人・横浜の騒動で考えるGM像。

プロ野球亭日乗

“日本的GM”とはどうあるべきか?
巨人・横浜の騒動で考えるGM像。

「これはメジャーのGM制度とはちょっと違うと思う」巨人にGM制度が導入された今年の6月、原辰徳監督がこう説明していたのを覚え… 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

2011/12/12

CSの1stステージ、全4チームを分析。鍵となる投手力にどう差が出るか?

プロ野球PRESS

CSの1stステージ、全4チームを分析。
鍵となる投手力にどう差が出るか?

シーズン3位からの日本一という、「史上最大の下剋上」を完遂させた昨年のロッテは、西武とのクライマックスシリーズ(以下CS)… 続きを読む

田口元義Genki Taguchi

2011/10/29

ページトップ