著者プロフィール 

カナ一覧
組織別
カタカナ検索  

田村修一Shuichi Tamura

1958年千葉県生まれ。早稲田大学大学院経済学研究科中退(フランス経済史専攻)。'91年よりサッカー取材を開始。ヨーロッパで最も権威のあるサッカー雑誌『France Football』にも寄稿。著書に『山本昌邦 勝って泣く』『オシム 勝つ日本』(小社刊)など。フランスとワインとブレイク(昼寝)をこよなく愛するフットボールアナリスト。日本のジャーナリストで唯一バロンドールの投票権を持つ。

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • blog
「日本には知性が欠けていた」悔しさを滲ませつつもトルシエがコスタリカ戦を辛口総括「前半はまるでトレーニングマッチ」

ワインとシエスタとフットボールと

「日本には知性が欠けていた」悔しさを滲ませつつもトルシエがコスタリカ戦を辛口総括「前半はまるでトレーニングマッチ」

田村修一Shuichi Tamura

サッカー日本代表

2022/11/30

トルシエ「私は明日、膝の手術をする」歩くのも困難な元日本代表監督が「多くのリスクを厭わなかった」とドイツ戦の森保監督を激賞!

ワインとシエスタとフットボールと

トルシエ「私は明日、膝の手術をする」歩くのも困難な元日本代表監督が「多くのリスクを厭わなかった」とドイツ戦の森保監督を激賞!

田村修一Shuichi Tamura

サッカー日本代表

2022/11/26

「決勝はブラジルとスペイン」トルシエのカタールW杯展望と要注目国「サプライズを与えるのはデンマーク、セネガル、モロッコ」

ワインとシエスタとフットボールと

「決勝はブラジルとスペイン」トルシエのカタールW杯展望と要注目国「サプライズを与えるのはデンマーク、セネガル、モロッコ」

田村修一Shuichi Tamura

サッカー日本代表

2022/11/22

「日本のアドバンテージは攻撃でふたつのユニットを組めること」トルシエがドイツ戦の可能性を50:50だと語る根拠とは?

ワインとシエスタとフットボールと

「日本のアドバンテージは攻撃でふたつのユニットを組めること」トルシエがドイツ戦の可能性を50:50だと語る根拠とは?

田村修一Shuichi Tamura

サッカー日本代表

2022/11/22

トルシエ「南野の復調が必要だ」元代表監督が語ったドイツ戦のキーマンと、グループリーグの日本の選手起用予想

ワインとシエスタとフットボールと

トルシエ「南野の復調が必要だ」元代表監督が語ったドイツ戦のキーマンと、グループリーグの日本の選手起用予想

田村修一Shuichi Tamura

サッカー日本代表

2022/11/22

「この試合に価値はない」カナダ戦を一刀両断したトルシエが、それでも気にした「違いを作り出せる」選手とは?《W杯日本代表を斬る》

ワインとシエスタとフットボールと

「この試合に価値はない」カナダ戦を一刀両断したトルシエが、それでも気にした「違いを作り出せる」選手とは?《W杯日本代表を斬る》

田村修一Shuichi Tamura

サッカー日本代表

2022/11/19

「私は答えられない」投票先に口を閉ざすバロンドール主催者が、受賞を熱望するムバッペをべた褒めする理由とは?「彼は卓越している」

ワインとシエスタとフットボールと

「私は答えられない」投票先に口を閉ざすバロンドール主催者が、受賞を熱望するムバッペをべた褒めする理由とは?「彼は卓越している」

田村修一Shuichi Tamura

海外サッカー

2022/10/15

「個人のパフォーマンスが重要だ」ベンゼマかマネか、基準が大きく変わったバロンドールの受賞者は?「だがモドリッチを忘れてはならない」

ワインとシエスタとフットボールと

「個人のパフォーマンスが重要だ」ベンゼマかマネか、基準が大きく変わったバロンドールの受賞者は?「だがモドリッチを忘れてはならない」

田村修一Shuichi Tamura

海外サッカー

2022/10/15

メッシがいないバロンドール「建前は排除して本音だけで選ぶ」67年目の最高選手投票が今年、大変革を断行する理由とは?

ワインとシエスタとフットボールと

メッシがいないバロンドール「建前は排除して本音だけで選ぶ」67年目の最高選手投票が今年、大変革を断行する理由とは?

田村修一Shuichi Tamura

海外サッカー

2022/10/15

「カウンターが答えではない」日本代表を観察し続けたトルシエが授けるカタールW杯ベスト8への秘策とは

ワインとシエスタとフットボールと

「カウンターが答えではない」日本代表を観察し続けたトルシエが授けるカタールW杯ベスト8への秘策とは

田村修一Shuichi Tamura

サッカー日本代表

2022/08/03

「チームの真のリーダーは私」トルシエが語る02年日韓W杯の真実と22年日本代表の成熟「私の意図は理解されなかった」

ワインとシエスタとフットボールと

「チームの真のリーダーは私」トルシエが語る02年日韓W杯の真実と22年日本代表の成熟「私の意図は理解されなかった」

田村修一Shuichi Tamura

サッカー日本代表

2022/08/03

「ドイツやスペインと間違いなく戦える」トルシエがブラジル戦の日本代表に見た日韓W杯から20年の進化とカタールへの期待

ワインとシエスタとフットボールと

「ドイツやスペインと間違いなく戦える」トルシエがブラジル戦の日本代表に見た日韓W杯から20年の進化とカタールへの期待

田村修一Shuichi Tamura

サッカー日本代表

2022/08/03

[指揮官が語る進化論]フィリップ・トルシエ「真のリーダーは私だけだった」

Sports Graphic Number Special

[指揮官が語る進化論]フィリップ・トルシエ「真のリーダーは私だけだった」

田村修一Shuichi Tamura

サッカー日本代表

有料

2022/07/01

古いアルバムに残る「23歳オシムと着物姿のアシマ夫人」サラエボの葬儀に参列した記者が聞く、“半世紀”を超える日本との深い交流とは

Number Ex

古いアルバムに残る「23歳オシムと着物姿のアシマ夫人」サラエボの葬儀に参列した記者が聞く、“半世紀”を超える日本との深い交流とは

田村修一Shuichi Tamura

サッカー日本代表

2022/06/13

「私は独自のアイデアを持っていた」オシムの代名詞“走るサッカー”の本当の意味とは?「個人の走る能力は、羽生は別にして、佐藤勇人も阿部も平均以下だった」

Sports Graphic Number More

「私は独自のアイデアを持っていた」オシムの代名詞“走るサッカー”の本当の意味とは?「個人の走る能力は、羽生は別にして、佐藤勇人も阿部も平均以下だった」

田村修一Shuichi Tamura

Jリーグ

2022/05/18

オシム「子どもが何人もいるのに、彼はクビを切られるかもしれない」…側近が明かす、ジェフ千葉を強くしたオリジナルな選手起用術

Sports Graphic Number More

オシム「子どもが何人もいるのに、彼はクビを切られるかもしれない」…側近が明かす、ジェフ千葉を強くしたオリジナルな選手起用術

田村修一Shuichi Tamura

Jリーグ

2022/05/18

《献身と感謝》「戻りたかったけどイヴァンに日本は遠すぎました…」オシムを58年間支え続けたアシマ夫人から、日本へのメッセージ

ワインとシエスタとフットボールと

《献身と感謝》「戻りたかったけどイヴァンに日本は遠すぎました…」オシムを58年間支え続けたアシマ夫人から、日本へのメッセージ

田村修一Shuichi Tamura

サッカー日本代表

2022/05/14

《追悼》イビチャ・オシム「知人の死を新聞の死亡告知欄で知るのは感慨深い」濃密な時を過ごした記者が、告別式出席直前に追想する14年に及ぶ対話

ワインとシエスタとフットボールと

《追悼》イビチャ・オシム「知人の死を新聞の死亡告知欄で知るのは感慨深い」濃密な時を過ごした記者が、告別式出席直前に追想する14年に及ぶ対話

田村修一Shuichi Tamura

サッカー日本代表

2022/05/11

《最後の肉声》「あなた方は進歩した」日本のW杯出場を喜ぶオシムの憂いと祈り「実はうまく歩けない」「プーチンは狂信的ですらある」

Number Web More

《最後の肉声》「あなた方は進歩した」日本のW杯出場を喜ぶオシムの憂いと祈り「実はうまく歩けない」「プーチンは狂信的ですらある」

田村修一Shuichi Tamura

サッカー日本代表

2022/05/04

《追悼》「新しいW杯を創設すべきときかもしれない」イビチャ・オシムが“最後のインタビュー”で語っていたこと

Number PLUS More

《追悼》「新しいW杯を創設すべきときかもしれない」イビチャ・オシムが“最後のインタビュー”で語っていたこと

田村修一Shuichi Tamura

海外サッカー

2022/05/04

『オシム 勝つ日本』

文藝春秋BOOKS

『オシム 勝つ日本』

ワールドカップ南アフリカ大会に向けて、オシムが語る日本サッカーへの想い。合計50時間以上に及ぶ膨大なインタビューの中にちりばめられた、新オシム語録。

<本体1,333円+税/田村修一>

書籍紹介ページへ(文藝春秋BOOKS)

ページトップ