著者プロフィール 

カナ一覧
組織別
カタカナ検索  

田村修一Shuichi Tamura

1958年千葉県生まれ。早稲田大学大学院経済学研究科中退(フランス経済史専攻)。'91年よりサッカー取材を開始。ヨーロッパで最も権威のあるサッカー雑誌『France Football』にも寄稿。著書に『山本昌邦 勝って泣く』『オシム 勝つ日本』(小社刊)など。フランスとワインとブレイク(昼寝)をこよなく愛するフットボールアナリスト。日本のジャーナリストで唯一バロンドールの投票権を持つ。

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • blog
リバプールはU-6から…アメリカ代表で若手台頭の要因、欧州ビッグクラブ“アカデミー”の実態【バイエルンもバルサも】

フランス・フットボール通信

リバプールはU-6から…アメリカ代表で若手台頭の要因、欧州ビッグクラブ“アカデミー”の実態【バイエルンもバルサも】

アメリカ代表の変革についての、ティエリー・マルシャン記者のレポートの後編である。若い世代の台頭は、ヨーロッパのビッグクラ… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

海外サッカー

2021/03/28

平均年齢21.7歳! サッカーアメリカ代表が若手&海外組中心で「世界を驚かす」【26年共催W杯へ虎視眈々】

フランス・フットボール通信

平均年齢21.7歳! サッカーアメリカ代表が若手&海外組中心で「世界を驚かす」【26年共催W杯へ虎視眈々】

アメリカ代表がにわかに注目を集めている。昨年11月に招集された選手たちの平均年齢は21.7歳。しかもそのほとんどがヨーロッパで… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

海外サッカー

2021/03/28

王様ペレに「神様」と呼ばれた、アフリカ出身初のフランス代表ラルビ・ベンバレクの数奇なサッカー人生

フランス・フットボール通信

王様ペレに「神様」と呼ばれた、アフリカ出身初のフランス代表ラルビ・ベンバレクの数奇なサッカー人生

ベンバレクこそは、初めてフランス代表に選ばれたアフリカ出身選手であった。しかもその活動時期は、第ニ次世界大戦を挟んで24年… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

海外サッカー

2021/03/21

「メッシがパリに来るのは実現可能」レオナルドSDが自信たっぷりに描くPSG最強化構想

フランス・フットボール通信

「メッシがパリに来るのは実現可能」レオナルドSDが自信たっぷりに描くPSG最強化構想

パスカル・フェレ編集局長によるレオナルドインタビューの後編である。話題はマウリシオ・ポチェッティーノの監督就任からネイマ… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

海外サッカー

2021/03/14

「彼のやり方は適切とはいえなかった」パリ・サンジェルマン、レオナルドSDが明かしたトゥヘル監督電撃解任の真相

フランス・フットボール通信

「彼のやり方は適切とはいえなかった」パリ・サンジェルマン、レオナルドSDが明かしたトゥヘル監督電撃解任の真相

『フランス・フットボール』誌1月19日発売号では、パスカル・フェレ編集局長によるレオナルドのロングインタビューを掲載してい… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

海外サッカー

2021/03/14

大震災翌日、オシムから届いたメッセージ「私自身、日本という家族の小さな一員」「みなが生きて連帯していけば…」

ワインとシエスタとフットボールと

大震災翌日、オシムから届いたメッセージ「私自身、日本という家族の小さな一員」「みなが生きて連帯していけば…」

犠牲になったすべての方々の冥福を謹んで祈りたい。家族も私も、心は彼らとともにある。少なくとも私自身、日本という家族の小さ… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

サッカー日本代表

2021/03/11

メッシ、ロナウドを「僕のテーブルに招待したい(笑)」 レバンドフスキ32歳が見せた静かなる自負とは

フランス・フットボール通信

メッシ、ロナウドを「僕のテーブルに招待したい(笑)」 レバンドフスキ32歳が見せた静かなる自負とは

ティエリー・マルシャン記者によるロベルト・レバンドフスキのインタビュー後編である。レバンドフスキは19−20シーズンのCLで15… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

海外サッカー

2021/03/07

「SNSは要注意で、無視すべき」幻のバロンドーラー、レバンドフスキが語る、32歳にして絶頂期の理由

フランス・フットボール通信

「SNSは要注意で、無視すべき」幻のバロンドーラー、レバンドフスキが語る、32歳にして絶頂期の理由

2020年最後の発行となった『フランス・フットボール』誌12月22日発売号の巻頭を飾っているのは、ティエリー・マルシャン記者によ… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

海外サッカー

2021/03/07

「すべては即興だった」動くだけで脅威たりえた規格外のストライカー、ロナウドが愛した「9番」の醍醐味

フランス・フットボール通信

「すべては即興だった」動くだけで脅威たりえた規格外のストライカー、ロナウドが愛した「9番」の醍醐味

フレデリック・エルメル記者によるロナウドインタビューの後編である。ブラジルサッカーが攻撃的である理由と自らのプレーの本質… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

海外サッカー

2021/02/28

ロナウドという衝撃…現実のサッカーを“プレイステーションの世界”に突入させた男【ドリームチーム選出】

フランス・フットボール通信

ロナウドという衝撃…現実のサッカーを“プレイステーションの世界”に突入させた男【ドリームチーム選出】

バロンドール・ドリームチームインタビューの最終回は、センターフォワードに選ばれたロナウドのインタビューを前後2回に分けて… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

海外サッカー

2021/02/28

【ドリームチーム選出】FF誌編集局長が語る舞台裏「ロナウドがクライフに勝ったのはひとつのサスペンスだった」

ワインとシエスタとフットボールと

【ドリームチーム選出】FF誌編集局長が語る舞台裏「ロナウドがクライフに勝ったのはひとつのサスペンスだった」

パスカル・フェレ・フランス・フットボール誌(以下FF誌)編集局長のバロンドール・インタビューの後編である。コロナ禍による世… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

海外サッカー

2021/02/24

バロンドール選出『フランス・フットボール』誌編集局長が語る“史上最高の5人”とは【メッシ、C・ロナウド…】

ワインとシエスタとフットボールと

バロンドール選出『フランス・フットボール』誌編集局長が語る“史上最高の5人”とは【メッシ、C・ロナウド…】

1956年に創設されたバロンドールは、世界最古の国際的なサッカー個人表彰(創設当初はヨーロッパ最優秀選手賞。その後徐々に範囲… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

海外サッカー

2021/02/24

リンクマンながら“3つのポジション”を担ったローター・マテウスの自負「誰かに感化されることはなかった」

フランス・フットボール通信

リンクマンながら“3つのポジション”を担ったローター・マテウスの自負「誰かに感化されることはなかった」

サッカーについて語るとき、ローター・マテウスは今も変わらず情熱的である。2003~05年にハンガリー代表監督を務めて以来、今日… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

海外サッカー

2021/02/21

「パンツァー(戦車)」と呼ばれた屈強なMF、マテウスが語るリンクマンの重責【ドリームチーム選出】

フランス・フットボール通信

「パンツァー(戦車)」と呼ばれた屈強なMF、マテウスが語るリンクマンの重責【ドリームチーム選出】

バロンドール・ドリームチームの守備的ミッドフィルダーおよび中盤のつなぎ役には、20人の候補者リストからシャビとともにロータ… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

海外サッカー

2021/02/21

「時間と空間をコントロールするスタイル」不世出のゲームメーカー・シャビがこだわる“サッカーの鍵”とは

フランス・フットボール通信

「時間と空間をコントロールするスタイル」不世出のゲームメーカー・シャビがこだわる“サッカーの鍵”とは

シャビインタビューの後編である。彼が考えるミッドフィルダーとは。またポゼッションサッカーとは。そして今日のサッカーの進化… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

海外サッカー

2021/02/21

「才能は常にフィジカルに勝つ」最高峰のMFシャビが信奉し続ける攻撃的サッカーの根幹【ドリームチーム選出】

フランス・フットボール通信

「才能は常にフィジカルに勝つ」最高峰のMFシャビが信奉し続ける攻撃的サッカーの根幹【ドリームチーム選出】

バロンドール・ドリームチームの守備的ミッドフィルダーおよび中盤のつなぎ役にはシャビとローター・マテウスが選ばれた。シャビ… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

海外サッカー

2021/02/21

「サイドバックはゲームの推進力」マルディーニが語る「サッキ革命」とSBの深い関係性

フランス・フットボール通信

「サイドバックはゲームの推進力」マルディーニが語る「サッキ革命」とSBの深い関係性

パオロ・マルディーニインタビューの後編である。話は彼がプレーしたチームでのそれぞれのポジションと戦術的役割へと移っていく… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

海外サッカー

2021/02/14

「心拍数190以上でプレーしていた」世界最高SBマルディーニが語る、攻撃参加の真髄【ドリームチーム選出】

フランス・フットボール通信

「心拍数190以上でプレーしていた」世界最高SBマルディーニが語る、攻撃参加の真髄【ドリームチーム選出】

『フランス・フットボール』誌選定バロンドール・ドリームチームの左サイドバックにはパオロ・マルディーニが選ばれた。16歳でプ… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

海外サッカー

2021/02/14

「監督に休めと言われたけど拒否したよ(笑)」カフーが18年間の現役生活で891試合に出場できた秘訣とは

フランス・フットボール通信

「監督に休めと言われたけど拒否したよ(笑)」カフーが18年間の現役生活で891試合に出場できた秘訣とは

エリック・フロジオ記者によるカフーインタビューの続きである。史上最高のサイドバックに選出されたカフーが、強靭なメンタリテ… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

海外サッカー

2021/02/07

「嫌でたまらなかった」世界最高のSBカフーが最初に望んだのは攻撃的ポジションだった【ドリームチーム選出】

フランス・フットボール通信

「嫌でたまらなかった」世界最高のSBカフーが最初に望んだのは攻撃的ポジションだった【ドリームチーム選出】

『フランス・フットボール』誌2020年12月15日発売号で発表されたバロンドール・ドリームチームの右サイドバックにはカフーが選出… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

海外サッカー

2021/02/07

1 2 3 4 5 9 NEXT >>
『オシム 勝つ日本』

文藝春秋BOOKS

『オシム 勝つ日本』

ワールドカップ南アフリカ大会に向けて、オシムが語る日本サッカーへの想い。合計50時間以上に及ぶ膨大なインタビューの中にちりばめられた、新オシム語録。

<本体1,333円+税/田村修一>

書籍紹介ページへ(文藝春秋BOOKS)

ページトップ