著者プロフィール 

カナ一覧
組織別
カタカナ検索  

田村修一Shuichi Tamura

1958年千葉県生まれ。早稲田大学大学院経済学研究科中退(フランス経済史専攻)。'91年よりサッカー取材を開始。ヨーロッパで最も権威のあるサッカー雑誌『France Football』にも寄稿。著書に『山本昌邦 勝って泣く』『オシム 勝つ日本』(小社刊)など。フランスとワインとブレイク(昼寝)をこよなく愛するフットボールアナリスト。日本のジャーナリストで唯一バロンドールの投票権を持つ。

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • blog
「他のベテラン選手はどうしている?」オシムが日本でずっと気になっていた“あの選手”とは

ワインとシエスタとフットボールと

「他のベテラン選手はどうしている?」オシムが日本でずっと気になっていた“あの選手”とは

イビチャ・オシムとは定期的に連絡を取り続けている。ここに掲載するのは、11月1日の電話による直近の会話である。前編では中村… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

サッカー日本代表

2020/11/12

引退発表当日…オシムが語った“サッカー選手・中村憲剛”「できることなら撤回してほしい」

ワインとシエスタとフットボールと

引退発表当日…オシムが語った“サッカー選手・中村憲剛”「できることなら撤回してほしい」

イビチャ・オシムとは定期的に連絡を取り続けている。ここに掲載するのは、11月1日の電話による直近の会話である。この日は、オ… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

サッカー日本代表

2020/11/12

久保建英を「《本物の天才》と呼んでいいのか」……エムボマが語る“目を見張る才能”とは

ワインとシエスタとフットボールと

久保建英を「《本物の天才》と呼んでいいのか」……エムボマが語る“目を見張る才能”とは

ガンバ大阪をはじめ東京ヴェルディ、ヴィッセル神戸でJリーグのキャリアを重ねた日本をよく知るエムボマが、久保の現状と可能性… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

海外サッカー

2020/09/21

「サッカー革新のリーダーである」CL決勝でトルシエが感じた、バイエルンの強さ。

ワインとシエスタとフットボールと

「サッカー革新のリーダーである」CL決勝でトルシエが感じた、バイエルンの強さ。

サッカー革新の可能性は大いにある。バイエルンこそそのリーダーだ。ポゼッションと縦のスピードのバランスを追求しながら、バイ… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

海外サッカー

2020/09/05

「勝つチャンスはどちらにもあった」元日本代表監督・トルシエが語る“PSGがバイエルンに勝てなかった理由”。

ワインとシエスタとフットボールと

「勝つチャンスはどちらにもあった」元日本代表監督・トルシエが語る“PSGがバイエルンに勝てなかった理由”。

決勝はバイエルン・ミュンヘン対パリ・サンジェルマン(PSG)。過去5度の優勝を誇るドイツの名門と初優勝の野心に燃えるフランス… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

海外サッカー

2020/09/05

CFGはなぜマリノスを選んだ?日本から世界的ビッグクラブへの道。

ワインとシエスタとフットボールと

CFGはなぜマリノスを選んだ?
日本から世界的ビッグクラブへの道。

「われわれは世界規模でのスカウトチームを持っている。私もそこに関わっている。選手の獲得についてはすべてのクラブをサポート… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

海外サッカー

2020/09/01

マンチェスター・シティ発の世界戦略。B・マーウッドのサッカービジネス論。

ワインとシエスタとフットボールと

マンチェスター・シティ発の世界戦略。
B・マーウッドのサッカービジネス論。

「世界の市場においてわれわれはマンチェスターで学んだことを適用し、ビジネスをはじめ様々な領域で発展を遂げた。多くの指標は… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

海外サッカー

2020/09/01

史上初“バロンドール”中止の顛末。世界一のサッカー雑誌で何があった?

ワインとシエスタとフットボールと

史上初“バロンドール”中止の顛末。
世界一のサッカー雑誌で何があった?

まず、バロンドールは、スポーツ的な価値だけでなく、社会の模範的価値、連帯の価値の象徴でもある。つまり今日のような危機的な… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

海外サッカー

2020/07/30

トルシエが語る「日本人のメンタル」。中田と本田の同じ部分、違う部分。

Sports Graphic Number More

トルシエが語る「日本人のメンタル」。
中田と本田の同じ部分、違う部分。

かつて中田や中村に対して抱いた敬意を、今の若者は本田や香川、長谷部らに対して抱かない。彼らはいい意味でごう慢で野心に溢れ… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

サッカー日本代表

2020/06/16

オシムの語るいま、そして秘めた炎。「私はフリーだ。君もわかるだろう」

ワインとシエスタとフットボールと

オシムの語るいま、そして秘めた炎。
「私はフリーだ。君もわかるだろう」

イビチャ・オシムはグラーツで静かに暮らしながら、コロナ禍により静止した世界がどうなっていくのかをじっと見守っている。遠い… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

サッカー日本代表

2020/06/12

佐藤勇人のサッカー人生の宝物。「オシムさん、また叱ってください」

Number Ex

佐藤勇人のサッカー人生の宝物。
「オシムさん、また叱ってください」

「聞きたいことというか……、会いたいですね。会ったときに絶対怒られるだろうなとは思っているのですが(笑)」 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

Jリーグ

2020/06/06

佐藤勇人にとってオシムは今も絶対。「情けなくもあるけど、正直な気持ち」

Number Ex

佐藤勇人にとってオシムは今も絶対。
「情けなくもあるけど、正直な気持ち」

――まずは確認ですが、勇人さんにとってジェフが一番強かった時代というのはオシムさんの時代でいいのですよね。「はい、間違い… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

Jリーグ

2020/06/06

オシム、コロナ禍の欧州から魂の言葉。「私はまだ働きたい。ジェフの……」

ワインとシエスタとフットボールと

オシム、コロナ禍の欧州から魂の言葉。
「私はまだ働きたい。ジェフの……」

私はまだまだ働きたい。ジェフ(現ジェフユナイテッド市原・千葉)のような“自分の人生のクラブ”で、静かに仕事をしたい。すべ… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

サッカー日本代表

2020/04/22

トルシエが語る中田、俊輔、小野。そして世界の扉を開けた森島寛晃。

Number Ex

トルシエが語る中田、俊輔、小野。
そして世界の扉を開けた森島寛晃。

「同じレベルにある3人の選手が、ひとりは左でプレーし、もうひとりは右でプレーする。さらにもうひとりはどこでもプレーができ… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

サッカー日本代表

2020/04/18

トルシエが振り返る中村俊輔の一撃。「日本の運命を変えたゴールだった」

Number Ex

トルシエが振り返る中村俊輔の一撃。
「日本の運命を変えたゴールだった」

――あなたは最も記憶に残るゴールとして、1998年11月23日の日本U-21代表対アルゼンチンU-21代表戦の中村俊輔のゴールを挙げまし… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

サッカー日本代表

2020/04/18

トルシエ「森保監督には2つの選択肢」五輪・金メダル獲得へのプランとは?

ワインとシエスタとフットボールと

トルシエ「森保監督には2つの選択肢」
五輪・金メダル獲得へのプランとは?

「南ア戦とコートジボワール戦のメンバーこそが、五輪の本番を戦う選手たちとなる。それ以外のメンバーがモンゴル戦を戦えばいい… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

サッカー日本代表

2020/02/05

アジア杯決勝、五輪世代と続く誤算。森保監督への懸念は「兼任」である。

ワインとシエスタとフットボールと

アジア杯決勝、五輪世代と続く誤算。
森保監督への懸念は「兼任」である。

もちろん修正は必要である。なぜならばここに来て目立つのが繰り返される同じミスであり、しかもそれは森保が自身の長所だけを発… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

サッカー日本代表

2020/01/29

トルシエが見た西野朗代表監督。「西野はタイの選手を劇的に変えた」

ワインとシエスタとフットボールと

トルシエが見た西野朗代表監督。
「西野はタイの選手を劇的に変えた」

「ベトナム代表監督である朴恒緒の優れたマネジメントの功績であるといえる。それと同時に、現在のタイ代表の結果は西野のマネジ… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

海外サッカー

2020/01/25

トルシエがU-23日本代表に失望……。「選手達の野心のなさには驚いた」

ワインとシエスタとフットボールと

トルシエがU-23日本代表に失望……。
「選手達の野心のなさには驚いた」

「彼らの監督への最高の応えは、監督が海外組に頼るのは間違いだったと知らしめることだ。選手は森保に対して、自分が何ができる… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

サッカー日本代表

2020/01/18

「足りないものが多すぎる……」トルシエも絶句のシリア戦敗北の中身。

ワインとシエスタとフットボールと

「足りないものが多すぎる……」
トルシエも絶句のシリア戦敗北の中身。

「まず言いたいのはこれが本当の日本代表ではないということだ。そうだろう。チームに加わっていない選手がまだたくさんいる。し… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

サッカー日本代表

2020/01/14

1 2 3 4 5 8 NEXT >>
『オシム 勝つ日本』

文藝春秋BOOKS

『オシム 勝つ日本』

ワールドカップ南アフリカ大会に向けて、オシムが語る日本サッカーへの想い。合計50時間以上に及ぶ膨大なインタビューの中にちりばめられた、新オシム語録。

<本体1,333円+税/田村修一>

書籍紹介ページへ(文藝春秋BOOKS)

ページトップ