著者プロフィール 

生島淳Jun Ikushima

1967年気仙沼生まれ。早大卒。NBAやMLBなど海外ものから、国内のラグビー、駅伝、野球など、全ジャンルでスポーツを追うジャーナリスト。小林信彦とD・ハルバースタムを愛する米国大統領マニアにして、カーリングが趣味(最近は歌舞伎に夢中)。著書に『エディー・ウォーズ』『エディー・ジョーンズとの対話 コーチングとは信じること」』『慶応ラグビー「百年の歓喜」』(文藝春秋)、『大国アメリカはスポーツで動く』(新潮社)、『監督と大学駅伝』(日刊スポーツ出版社)、『気仙沼に消えた姉を追って』(文藝春秋)、『箱根駅伝』『箱根駅伝 新ブランド校の時代』(ともに幻冬舎新書)、『人を育てる箱根駅伝の名言』(ベースボールマガジン社)など。

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • blog
“リアリスト”フリオ・ラマスHCが語ったバスケ日本代表の目指す未来。

スポーツ・インテリジェンス原論

“リアリスト”フリオ・ラマスHCが
語ったバスケ日本代表の目指す未来。

こんなにもタフになっていたのか! 男子のバスケットボール日本代表がアジア地区予選で4連敗からの8連勝で、W杯の切符をつかんだ… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

バスケットボール日本代表

2019/03/08

「山の神」はやっぱりしぶとかった。今井と神野はなぜ生き残れたか。

スポーツ・インテリジェンス原論

「山の神」はやっぱりしぶとかった。
今井と神野はなぜ生き残れたか。

カチカチカチ。42.195kmを走り終えた選手たちが、報道陣が待つミックスゾーンを通っていく。あまりの寒さに、歯がぶつかり合う音… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

マラソン

2019/03/05

かるた界に誕生した異端の新名人。粂原圭太郎が語る伝統への挑戦。

スポーツ・インテリジェンス原論

かるた界に誕生した異端の新名人。
粂原圭太郎が語る伝統への挑戦。

マンガ、そして映画の『ちはやふる』で注目を集めた百人一首の世界。今年の1月5日、近江神宮で行われた「名人戦」はとにかく見ご… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

その他

2019/02/28

<ヤマハ監督8年間の回想>清宮克幸「助さんと格さん、そして弥七へ」

Sports Graphic Number Special

<ヤマハ監督8年間の回想>
清宮克幸「助さんと格さん、そして弥七へ」

これまで指揮を執ったすべてのクラブにタイトルをもたらし、今季限りでの監督勇退を表明したヤマハ発動機の“黄門様”が、仲間と… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

トップリーグ

有料

2019/02/27

<天龍源一郎と愛娘が振り返る>第48代横綱大鵬「一番風呂と柏戸の涙」

Sports Graphic Number Special

<天龍源一郎と愛娘が振り返る>
第48代横綱大鵬「一番風呂と柏戸の涙」

戦後の日本、急速に復興する時代を象徴するように常勝の道を歩んだ。淡々とした勝利の裏にあった努力と繊細さを、三女と元付け人… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

相撲

有料

2019/02/20

箱根駅伝ロスの人に読んで欲しい、帝京・中野監督の独特な『自分流』。

スポーツ・インテリジェンス原論

箱根駅伝ロスの人に読んで欲しい、
帝京・中野監督の独特な『自分流』。

帝京大の中野孝行監督は、とてもユニークだ。去年の12月、箱根駅伝参加チームの監督がすべて顔をそろえる記者会見で、こんな話を… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

駅伝

2019/02/04

大坂なおみが「感情の揺れ」を克服。かつてお手本にしたプリスコバ超え。

スポーツ・インテリジェンス原論

大坂なおみが「感情の揺れ」を克服。
かつてお手本にしたプリスコバ超え。

一昨年の秋、『Number』937号で大坂なおみにインタビューした時のことだ。彼女はその年、2017年に経験した最も学びの大きかった… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

女子テニス

2019/01/24

「最強」の青学が箱根で負けた理由。東洋、東海が全てをかけた4区勝負。

スポーツ・インテリジェンス原論

「最強」の青学が箱根で負けた理由。
東洋、東海が全てをかけた4区勝負。

青山学院大は、最強だった。しかし、負けた。久しぶりに箱根駅伝の厳しさを垣間見た思いがする。「敗軍の将」となった原晋監督は… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

駅伝

2019/01/09

高津臣吾二軍監督に聞いてみた、ヤクルトV字回復の背景と今季展望。

スポーツ・インテリジェンス原論

高津臣吾二軍監督に聞いてみた、
ヤクルトV字回復の背景と今季展望。

2018年は、高津臣吾二軍監督の本の企画、構成をすることになり、ヤクルトの試合をよく見た。 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

プロ野球

2019/01/05

王者は盤石、シード権争いは熾烈な戦いに?区間配置から読む第95回箱根駅伝。

箱根駅伝2019

王者は盤石、シード権争いは熾烈な戦いに?
区間配置から読む第95回箱根駅伝。

2018年の最終週、青山学院大学の原晋監督と話す機会があった。その言葉が印象深かった。「いい形で仕上がっていると思います。か… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

駅伝

2018/12/31

早稲田実業、平成最後に花園へ。中心は大学ラグビー部の二世たち。

スポーツ・インテリジェンス原論

早稲田実業、平成最後に花園へ。
中心は大学ラグビー部の二世たち。

早稲田実業が全国大会に出場するのは82年ぶりのことだ。当時は会場が別だったため、高校ラグビーの聖地「花園」への登場は初めて… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

高校ラグビー

2018/12/27

<みずほフィナンシャルグループ Jump to 2020>井上康生「日本男子柔道の決意」

Sports Graphic Number Web

<みずほフィナンシャルグループ Jump to 2020>
井上康生「日本男子柔道の決意」

2016年のリオデジャネイロオリンピックにおいて全7階級でメダルを獲得し、お家芸復活を遂げた男子柔道。2012年11月に監督に就任… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

PR

2018/12/27

ラグビー早慶戦、理詰めとアドリブ。HCが学生たちにかけた最大の賛辞。

スポーツ・インテリジェンス原論

ラグビー早慶戦、理詰めとアドリブ。
HCが学生たちにかけた最大の賛辞。

会見場に現れた慶応の金沢篤ヘッドコーチと、古田京主将の短い総括が終わり、質問の時間に移った。しかし、報道陣からすぐには質… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

大学ラグビー

2018/12/27

早明戦は日本ラグビーの「宝」だ。伝統のスタイルを乗り越えて進め。

スポーツ・インテリジェンス原論

早明戦は日本ラグビーの「宝」だ。
伝統のスタイルを乗り越えて進め。

やっぱり、接戦になった。81分になって早稲田31、明治27。こうなると、勝負はどちらに転がるか分からなかった。最終的に早稲田が… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

大学ラグビー

2018/12/04

伝統の早慶戦で観たラグビーの妙。“指示無視”の選手がいてもいい。

スポーツ・インテリジェンス原論

伝統の早慶戦で観たラグビーの妙。
“指示無視”の選手がいてもいい。

やっぱり、早慶戦はいい。早稲田、慶応ともに、好感が持てた。よく相手を分析し、指導陣が正しい処方箋を書き、真面目に練習を重… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

大学ラグビー

2018/11/27

エディーの挑発が真剣勝負を生んだ。日本相手に描いたシナリオの凄さ。

スポーツ・インテリジェンス原論

エディーの挑発が真剣勝負を生んだ。
日本相手に描いたシナリオの凄さ。

フィジカリーにスマッシュします。祈りなさい。お寺に行って、我が身の無事を祈っておきなさい。情け容赦なく、行きますから。 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

ラグビー日本代表

2018/11/19

エディー「ジャパンを痛めつける」恩師お得意の心理戦に日本の反応は?

スポーツ・インテリジェンス原論

エディー「ジャパンを痛めつける」
恩師お得意の心理戦に日本の反応は?

エディーさんの言葉が独り歩きしている。「われわれは、ジャパンを“フィジカリー・スマッシュ”します」肉体的に徹底的に痛めつ… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

ラグビー日本代表

2018/11/17

出雲&全日本から読む箱根駅伝。「一強」青学大を脅かすのはどこだ。

箱根駅伝2019

出雲&全日本から読む箱根駅伝。
「一強」青学大を脅かすのはどこだ。

2019年の箱根駅伝に向けて、勢力図がハッキリと見えてきた。現状では、出雲、全日本で優勝した青学大が突出した強さを見せている… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

駅伝

2018/11/08

日本がエディーとの対戦を前に、オールブラックスから学んだ教訓。

スポーツ・インテリジェンス原論

日本がエディーとの対戦を前に、
オールブラックスから学んだ教訓。

試合前、オールブラックスのバックスリー(両ウィングとフルバック)はハイパントの処理の練習を念入りに行なっていた。 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

ラグビー日本代表

2018/11/07

3冠王手。青山学院の分厚さと、原晋監督の根っこにある反骨精神。

スポーツ・インテリジェンス原論

3冠王手。青山学院の分厚さと、
原晋監督の根っこにある反骨精神。

原晋監督が、5区の吉田祐也(3年)に向かって叫ぶ。「名前負けすんな!」懸命の表情でありながら、原監督はどこか楽しそうだった… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

駅伝

2018/11/05

ページトップ