著者プロフィール 

吉田治良Jiro Yoshida

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • blog
中島翔哉、堂安律、久保建英らは「令和」の国民的ヒーローとなれるか。

サッカー日本代表PRESS

中島翔哉、堂安律、久保建英らは
「令和」の国民的ヒーローとなれるか。

東京ドームに残った多くのファンに、引退を決めたイチローが晴れやかな笑顔で手を振っている。蘇ったのは、もう50年近くも昔の記… 続きを読む

吉田治良Jiro Yoshida

2019/04/04

ジダンはなぜマドリーに戻ったか。会長との不仲を超えた計算と激情。

欧州サッカーPRESS

ジダンはなぜマドリーに戻ったか。
会長との不仲を超えた計算と激情。

異例の決断の背景にあったのは、「男気」か「計算」か、それとも──。現地時間3月11日、ジネディーヌ・ジダンが古巣レアル・マ… 続きを読む

吉田治良Jiro Yoshida

2019/03/12

バルサからカンテラ育ちが消える?“聖域”の中盤は今や移籍組が占拠。

欧州サッカーPRESS

バルサからカンテラ育ちが消える?
“聖域”の中盤は今や移籍組が占拠。

「右SBなど石ころでも置いておけばいいものを!!」旧知のスペイン人ジャーナリストがそう言って憤慨したのは、2017年の夏に、バル… 続きを読む

吉田治良Jiro Yoshida

2019/01/30

イニエスタの存在がJに与えた恩恵。謙虚で自然体のスター、2年めへ。

JリーグPRESS

イニエスタの存在がJに与えた恩恵。
謙虚で自然体のスター、2年めへ。

外付けハードディスクに溜まった録画番組を、ごっそり消していく。年末の大掃除とばかりに、えいやっと消去ボタンを押すと、回復… 続きを読む

吉田治良Jiro Yoshida

2019/01/04

ネイマールがパリで王様になっても、ロナウジーニョほど愛されない理由。【2018年 サッカー部門4位】

欧州サッカーPRESS

ネイマールがパリで王様になっても、
ロナウジーニョほど愛されない理由。
【2018年 サッカー部門4位】

2018年、NumberWebで人気を集めたベスト記事セレクションを発表します。サッカー部門の第4位はこちら! 続きを読む

吉田治良Jiro Yoshida

2018/12/29

クラブW杯3連覇したマドリーが、完全復調と太鼓判を押せない理由。

欧州サッカーPRESS

クラブW杯3連覇したマドリーが、
完全復調と太鼓判を押せない理由。

鹿島アントラーズがチャンピオンに一泡吹かせるとすれば、キックオフ直後から激しく拳を振り回し、とにかく先制パンチを一発当て… 続きを読む

吉田治良Jiro Yoshida

2018/12/25

「新・ビッグ3」の騒ぎ方は大丈夫?南野・中島・堂安への期待と逡巡。

サッカー日本代表PRESS

「新・ビッグ3」の騒ぎ方は大丈夫?
南野・中島・堂安への期待と逡巡。

きっと、「前科」はたくさんあると思う。語呂は悪いけれど、罪状はさしずめ「メディアスターを都合よく作り出した罪」。いや、そ… 続きを読む

吉田治良Jiro Yoshida

2018/11/29

2度の解任劇で失格の烙印……。ロペテギの運の炎を消した死神。

欧州サッカーPRESS

2度の解任劇で失格の烙印……。
ロペテギの運の炎を消した死神。

「人は皆、同じ量の運を持って生まれてくる。その運を使いながら人は生き、そして使い切って死んでいく」立川志の輔が演じる落語… 続きを読む

吉田治良Jiro Yoshida

2018/11/01

つなぐも崩せずイングランドに敗北。スペインはW杯惨敗から停滞したまま。

欧州サッカーPRESS

つなぐも崩せずイングランドに敗北。
スペインはW杯惨敗から停滞したまま。

スペイン代表が、ふたたび世界の頂点に返り咲く──。それはいったい、いつになるのだろう。いや、もしかしたら、栄光の時代はも… 続きを読む

吉田治良Jiro Yoshida

2018/10/21

魔法の言葉でマンCを操るペップ。天才戦術家に過信があるとすれば。

欧州サッカーPRESS

魔法の言葉でマンCを操るペップ。
天才戦術家に過信があるとすれば。

凡人には凡人の悩みがあるように、天才にも天才にしか持ちえない悩みがある。そしてそれは、到底凡人には理解しえない。 続きを読む

吉田治良Jiro Yoshida

2018/10/07

巨岩ロナウドが去ったマドリーは、まるでバルサ的なパスサッカー。

欧州サッカーPRESS

巨岩ロナウドが去ったマドリーは、
まるでバルサ的なパスサッカー。

バルセロナを見ているようだった。ラ・リーガ第4節、アスレティック・ビルバオの本拠地サン・マメスに乗り込んだレアル・マドリ… 続きを読む

吉田治良Jiro Yoshida

2018/09/19

イニエスタ不在が際立つバルサ。希望の灯は19歳の超新星プッチか。

欧州サッカーPRESS

イニエスタ不在が際立つバルサ。
希望の灯は19歳の超新星プッチか。

バルセロナからバルセロナらしさが消えつつある。いや、まだ判断材料が少ないから「消えてしまった」と断言はしないし、あくまで… 続きを読む

吉田治良Jiro Yoshida

2018/08/18

トーレスは“おいしい場面”で輝く!金崎夢生とともに鳥栖を救うか。

JリーグPRESS

トーレスは“おいしい場面”で輝く!
金崎夢生とともに鳥栖を救うか。

掴みどころのないストライカー。それが、フェルナンド・トーレスに対して、個人的に抱き続けてきた印象だった。 続きを読む

吉田治良Jiro Yoshida

2018/07/30

ウルグアイが誇る最強2トップ。スアレス&カバーニの奇跡と結末。

ロシアW杯PRESS

ウルグアイが誇る最強2トップ。
スアレス&カバーニの奇跡と結末。

奇跡だと、つくづく思う。なにしろ南米の小国ウルグアイの、それもサルトという人口10万人ほどの小さな街から、同じ年に、しかも… 続きを読む

吉田治良Jiro Yoshida

2018/07/09

リオ世代を診たドクターが明かす、大島、植田、遠藤の素顔とタフさ。

サッカー日本代表PRESS

リオ世代を診たドクターが明かす、
大島、植田、遠藤の素顔とタフさ。

ロシア・ワールドカップを戦う日本代表23人の中で、2016年のリオデジャネイロ・オリンピック(以下リオ五輪)に出場した選手は以… 続きを読む

吉田治良Jiro Yoshida

2018/06/18

スペインが誇るマジシャン、イスコ。2度目の世界一へ魔法の杖を振るう。

欧州サッカーPRESS

スペインが誇るマジシャン、イスコ。
2度目の世界一へ魔法の杖を振るう。

そもそもなんの目的で、この地を訪れたのかさえ覚えていない。2002-03シーズンのUEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)決勝を取材す… 続きを読む

吉田治良Jiro Yoshida

2018/06/14

ジダンの微笑み方がちょっと怖い。悪魔のように、時に子供のように。

欧州サッカーPRESS

ジダンの微笑み方がちょっと怖い。
悪魔のように、時に子供のように。

アントニオ猪木とジャイアント馬場が、タッチライン際に並んで立っているようだった。動と静、対照的な2人。 続きを読む

吉田治良Jiro Yoshida

2018/05/31

ネイマールがパリで王様になっても、ロナウジーニョほど愛されない理由。

欧州サッカーPRESS

ネイマールがパリで王様になっても、
ロナウジーニョほど愛されない理由。

2005年5月1日、アルバセーテ戦のアディショナルタイムだった。バルセロナのリオネル・メッシが、記念すべきプロ初ゴールを挙げた… 続きを読む

吉田治良Jiro Yoshida

2018/05/17

起用法を巡る騒動は世界でも日常的。騒動の主役がハリル、なのが寂しい。

欧州サッカーPRESS

起用法を巡る騒動は世界でも日常的。
騒動の主役がハリル、なのが寂しい。

物語のクライマックスを前に、パタリと本を閉じられてしまった気分なのだろう。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督の日本代表を、ロ… 続きを読む

吉田治良Jiro Yoshida

2018/05/02

バルサイズム最後の継承者が中国へ?イニエスタの選択は何を意味するか。

欧州サッカーPRESS

バルサイズム最後の継承者が中国へ?
イニエスタの選択は何を意味するか。

ボディービルダーのような体つきをしたクラーク・ケントは、自分がスーパーマンであることを隠すために、いつも猫背で歩き、冴え… 続きを読む

吉田治良Jiro Yoshida

2018/04/19

ページトップ