著者プロフィール 

カナ一覧
組織別
カタカナ検索  

吉田治良Jiro Yoshida

1967年、京都府生まれ。法政大学を卒業後、ファッション誌の編集者を経て、「サッカーダイジェスト」編集部へ。その後、94年創刊の「ワールドサッカーダイジェスト」の立ち上げメンバーとなり、2000年から約10年にわたって同誌の編集長を務める。「サッカーダイジェスト」、NBA専門誌「ダンクシュート」の編集長などを歴任し、17年に独立。

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • blog
初めて“メッシがいないチーム”でCL優勝なるか… 進化するグアルディオラの戦術は“サッカーの偶然性”をも支配する?

欧州サッカーPRESS

初めて“メッシがいないチーム”でCL優勝なるか… 進化するグアルディオラの戦術は“サッカーの偶然性”をも支配する?

男の嫉妬ほど醜いものはないと言うけれど、どうにもやっかみが止まらない。マンチェスター・シティをクラブ史上初のチャンピオン… 続きを読む

吉田治良Jiro Yoshida

海外サッカー

2021/05/28

「あいつにはパスを出すな」チーム内の批判を覆して… “殺気が消えた”20歳ビニシウスがマドリーで輝いている理由

欧州サッカーPRESS

「あいつにはパスを出すな」チーム内の批判を覆して… “殺気が消えた”20歳ビニシウスがマドリーで輝いている理由

先日、ドリブルデザイナーの岡部将和さんに取材をさせていただく機会があったので、こんな質問をしてみた。「50歳を過ぎたオジサ… 続きを読む

吉田治良Jiro Yoshida

海外サッカー

2021/04/18

“中量級”の久保建英は「使う側」へ行くべき… 重視すべきモドリッチ&シルバと同じ資質とは【ヘタフェで苦戦中】

欧州サッカーPRESS

“中量級”の久保建英は「使う側」へ行くべき… 重視すべきモドリッチ&シルバと同じ資質とは【ヘタフェで苦戦中】

今季、ビジャレアルからヘタフェへ、シーズン中の再レンタルを決断した久保だが、その新天地では思うように出場機会を得られずに… 続きを読む

吉田治良Jiro Yoshida

海外サッカー

2021/03/04

久保建英“異例の再レンタル”に思い出す、中田英寿のローマ残留 第一志望がマドリー復帰であるなら…

欧州サッカーPRESS

久保建英“異例の再レンタル”に思い出す、中田英寿のローマ残留 第一志望がマドリー復帰であるなら…

久保建英はどうだろう。大学進学を目指す現役の受験生と同世代の彼もまた、この冬に重大な人生の選択をしている。レンタル先のビ… 続きを読む

吉田治良Jiro Yoshida

海外サッカー

2021/01/21

「マラドーナの表紙を作るために、僕は…」ディエゴは危なっかしくて、未熟で、魅力的だった

海外サッカーPRESS

「マラドーナの表紙を作るために、僕は…」ディエゴは危なっかしくて、未熟で、魅力的だった

身長が同じで、誕生日が6日違い。たったそれだけで、やたらとサッカーが上手い7つ年上のアルゼンチン人に、勝手に親近感を覚えて… 続きを読む

吉田治良Jiro Yoshida

海外サッカー

2020/12/04

“豚の頭”のような憎悪と熱狂なき無観客クラシコ 闘将セルヒオ・ラモスの偉大なしたたかさ

欧州サッカーPRESS

“豚の頭”のような憎悪と熱狂なき無観客クラシコ 闘将セルヒオ・ラモスの偉大なしたたかさ

バルセロナの敗因は、物議を醸した疑惑のVAR判定でもロナルド・クーマン監督の刹那的な采配でもない。空っぽのカンプ・ノウ──… 続きを読む

吉田治良Jiro Yoshida

海外サッカー

2020/10/27

メッシのバルサ急転残留=“仮面夫婦”継続 「走らない天才」脱却はできるのか

欧州サッカーPRESS

メッシのバルサ急転残留=“仮面夫婦”継続 「走らない天才」脱却はできるのか

リオネル・メッシとバルセロナ。双方にとって一番幸せな選択は、「別れ」でしかなかったように思う。 続きを読む

吉田治良Jiro Yoshida

海外サッカー

2020/09/09

薄幸の点取り屋ベンゼマの美学。「ナンバーワンでなくてもいい」

欧州サッカーPRESS

薄幸の点取り屋ベンゼマの美学。
「ナンバーワンでなくてもいい」

薄幸のストライカーである。素晴らしい才能の持ち主であることは、誰もが知っている。ところが、なぜか主役の座が巡ってこない。… 続きを読む

吉田治良Jiro Yoshida

海外サッカー

2020/07/29

哲学を捨ててカネを取ったバルサ。アルトゥール放出は暗黒の序章か。

欧州サッカーPRESS

哲学を捨ててカネを取ったバルサ。
アルトゥール放出は暗黒の序章か。

バルセロナというクラブの未来に禍根を残すトレードだったと、のちにそう振り返られるのかもしれない。6月末に発表された、バル… 続きを読む

吉田治良Jiro Yoshida

海外サッカー

2020/07/05

メッシvs.久保建英で見えた共通点。「ボールを蹴る喜び」は普遍の才能。

欧州サッカーPRESS

メッシvs.久保建英で見えた共通点。
「ボールを蹴る喜び」は普遍の才能。

6月13日のソン・モイスには、メッシ以外にもう1人、全身から「ボールを蹴る喜び」を発散させている選手がいた。0-4と完敗を喫し… 続きを読む

吉田治良Jiro Yoshida

海外サッカー

2020/06/17

移籍金ゼロでシルバ&ペドロ獲得可!J参戦ならぜひイニエスタと……。

欧州サッカーPRESS

移籍金ゼロでシルバ&ペドロ獲得可!
J参戦ならぜひイニエスタと……。

移籍金の発生しないボスマンプレーヤーは、補強戦略上のひとつの柱となりうるはずだ。そうした中で、個人的に今夏の去就を注視し… 続きを読む

吉田治良Jiro Yoshida

海外サッカー

2020/05/18

最近バルサは優等生すぎないか。ライカールト時代の奔放な楽しさ。

欧州サッカーPRESS

最近バルサは優等生すぎないか。
ライカールト時代の奔放な楽しさ。

そもそもバルサは美しさとは対極の、粗野なイメージが付きまとうクラブだった。 続きを読む

吉田治良Jiro Yoshida

海外サッカー

2020/04/30

ルイ・コスタにフィーゴ、ロナウド。ひ弱なポルトガルが変貌した激闘。

欧州サッカーPRESS

ルイ・コスタにフィーゴ、ロナウド。
ひ弱なポルトガルが変貌した激闘。

どこまでも高い紺碧の空、射るような日差しを跳ね返す白い砂浜、リスボンの石畳を走る黄色い胴体のトラム、急斜面を埋め尽くすオ… 続きを読む

吉田治良Jiro Yoshida

海外サッカー

2020/04/19

なでしこ、イニエスタ、スーケル。困難の先にスポーツの日常はある。

欧州サッカーPRESS

なでしこ、イニエスタ、スーケル。
困難の先にスポーツの日常はある。

この脅威が、いつ、どのような形で終息を迎えるのか。門外漢にはまったく想像がつかないが、ただひとつ言えるのは、スポーツは、… 続きを読む

吉田治良Jiro Yoshida

海外サッカー

2020/03/19

パス1000本超もメッシの負荷が……。セティエンはバルサを再建できるか。

欧州サッカーPRESS

パス1000本超もメッシの負荷が……。
セティエンはバルサを再建できるか。

ボールを握り続けるポゼッション・スタイルはセティエンの真骨頂であり、それはバルサの伝統的なフィロソフィーと濃密に通じる。… 続きを読む

吉田治良Jiro Yoshida

海外サッカー

2020/02/24

レアルとバルサのバルベルデに見る、未来を切り開く「勇気ある決断」。

欧州サッカーPRESS

レアルとバルサのバルベルデに見る、
未来を切り開く「勇気ある決断」。

未来のことは誰にも分からない。大切なのは「勝つための決断」を、迅速に、勇気をもって下せるかどうかだ。予測不能な未来に恐れ… 続きを読む

吉田治良Jiro Yoshida

海外サッカー

2020/01/16

ブスケッツの技は高級万年筆のよう。卓越したパスで描くバルサらしい色。

欧州サッカーPRESS

ブスケッツの技は高級万年筆のよう。
卓越したパスで描くバルサらしい色。

紙離れが進み、本や雑誌が売れなくなって久しいが、元雑誌編集者としては、いつか人々がふたたび紙の温もりを、ページをめくり、… 続きを読む

吉田治良Jiro Yoshida

海外サッカー

2019/12/26

「母国、ゴルフ、マドリー」が物議。ベイルとレアルの愛は尽きたのか。

欧州サッカーPRESS

「母国、ゴルフ、マドリー」が物議。
ベイルとレアルの愛は尽きたのか。

「愛憎相半ばする」という言葉があるけれど、ギャレス・ベイルがマドリディスタから注がれているのは、たぶん「愛が2、憎が8」く… 続きを読む

吉田治良Jiro Yoshida

海外サッカー

2019/11/30

“神の子”F・トーレスが遂に引退。完璧主義者の足跡と終幕への期待。

JリーグPRESS

“神の子”F・トーレスが遂に引退。
完璧主義者の足跡と終幕への期待。

「予選限定のチャンピオン」 「永遠の優勝候補」 「張りぼての無敵艦隊」 好タレントを揃えながら、W杯やEUROではいつも期待を裏… 続きを読む

吉田治良Jiro Yoshida

Jリーグ

2019/08/22

久保建英はジダンの好みとなるか?“元祖・神童”玉乃淳が見る将来性。

欧州サッカーPRESS

久保建英はジダンの好みとなるか?
“元祖・神童”玉乃淳が見る将来性。

アンドレス・イニエスタとフェルナンド・トーレスが、日本風に言うなら「同期」である。 彼らと同じ1984年生まれ。ヴェルディ(… 続きを読む

吉田治良Jiro Yoshida

海外サッカー

2019/08/01

1 2 3 NEXT >>

ページトップ