欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

長谷部誠の「家族ジョーク」にドイツ記者が爆笑、子どもを抱きしめ号泣…引退試合で見せた40歳父の顔「息子の走行距離、すごかった(笑)」 

text by

中野吉之伴

中野吉之伴Kichinosuke Nakano

PROFILE

photograph byItaru Chiba

posted2024/05/20 17:04

長谷部誠の「家族ジョーク」にドイツ記者が爆笑、子どもを抱きしめ号泣…引退試合で見せた40歳父の顔「息子の走行距離、すごかった(笑)」<Number Web> photograph by Itaru Chiba

笑顔も涙もあった長谷部誠の引退試合。大事な家族の存在が浮き彫りになった5月18日のラストマッチをドイツ在住の筆者がリポートする

「そんなには無くて。自分自身誇りに思うことは、やっぱり最後終わるまで、自分のやるべきことをやってきたかなということ。自分が引退すると決めてからもそうでした。自分自身は変わらずにずっとやってきたかなと思いますね」

サッカーも社会と似ている

 長いサッカー選手としてのキャリアで様々な監督のもとでプレーをして、なかなか認めてもらえないもどかしい時期もあったはず。怪我で苦しんだ時期もある。そうした苦難を乗り越えてきたことは、長谷部のこれからにどのようにつながっていくのだろう。

「サッカーも社会と似ていて、監督とうまくいかないというような問題は、サッカーでもどんな組織でもあると思うんです。これまで培ってきたこと、それを乗り越えていくか、どう取り組んでいくかということは、これからの人生でも大いに役に立つと思う。一人の人間としてサッカーに成長させてもらったのが多くあると思うので、それをこれからの人生に活かしていきたい」

冷静な長谷部が泣き崩れた理由

 それにしても長谷部はどんな時でも冷静沈着。穏やかに心を整え続けてきた長谷部にとっては、ラストマッチであっても特別な試合ではないのか。

「サッカー選手をやめるということに、だいぶ時間をかけて準備できてたんで、本当に今日が近づいてきても、特に感情的になることがなかったんですけど……」

 そんな長谷部の感情の殻がポロポロと崩れていく瞬間があった。試合後のセレモニーに向けて記念Tシャツを着て、その準備を待っているとき、ベンチサイドから2人の子どもが長谷部のもとに駆け寄ってきた。娘と息子だった。

【次ページ】 僕の妻はちょっと面白い

BACK 1 2 3 4 NEXT
長谷部誠
フランクフルト

海外サッカーの前後の記事

ページトップ