カイル・ウォーカー 

スコットランドではリバプールVSアーセナル…欧州各国で発生、超優秀SB“被り問題”の解決策とは

欧州サッカーPRESS

スコットランドではリバプールVSアーセナル…欧州各国で発生、超優秀SB“被り問題”の解決策とは

ビッグネームといえるのはキャプテンのアンドリュー・ロバートソン(リバプール)とスコット・マクトミネイ(マンチェスター・U… 続きを読む

三重野翔大Shodai Mieno

海外サッカー

2020/11/19

イングランドの3-4-1-2が結構強い。長期計画のスタイル変更が遂に実る。

プレミアリーグの時間

イングランドの3-4-1-2が結構強い。
長期計画のスタイル変更が遂に実る。

1勝もできず、グループステージ最下位で姿を消した前回のW杯から4年。ロシア大会に向けて、イングランド代表は変わった。もっと… 続きを読む

山中忍Shinobu Yamanaka

海外サッカー

2018/03/31

マンチェスターC、その狂気を称賛。天文学的投資で作るDF陣と新理論。

フランス・フットボール通信

マンチェスターC、その狂気を称賛。
天文学的投資で作るDF陣と新理論。

『フランス・フットボール』誌2月6日発売号は、1月末で締め切られた冬のメルカート(移籍市場)を特集している。この冬の目玉と… 続きを読む

フィリップ・オクレールPhilippe Auclair

海外サッカー

2018/02/25

10年前からのルーニー頼みで、イングランド代表再建の道は遠い。

プレミアリーグの時間

10年前からのルーニー頼みで、
イングランド代表再建の道は遠い。

2014年W杯の開幕まで、あと1年を切った。しかし、イングランドにとっての開催地ブラジルはまだ遠い。予選6試合を終えて、 続きを読む

山中忍Shinobu Yamanaka

海外サッカー

2013/06/19

ユーロ敗退はイングランドへの追い風!?“弱いサッカーの母国”に革命を。

プレミアリーグの時間

ユーロ敗退はイングランドへの追い風!?
“弱いサッカーの母国”に革命を。

イングランドは、EURO2012で希望を手にした。結果とは矛盾するようだが、大会後の国内には前向きな空気が漂っている。この10年… 続きを読む

山中忍Shinobu Yamanaka

海外サッカー

2012/07/08

スペインとスウェーデンを連破!カペッロ率いるイングランドは本物か?

プレミアリーグの時間

スペインとスウェーデンを連破!
カペッロ率いるイングランドは本物か?

シーズン中に行われるナショナルチームのフレンドリー(親善試合)は、その開催意義が疑問視されることが多い。だが、11月にウェ… 続きを読む

山中忍Shinobu Yamanaka

海外サッカー

2011/11/24

ページトップ