Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[純国内組の底力]谷口彰悟が背負ったJリーグの価値

posted2022/12/20 07:00

 
[純国内組の底力]谷口彰悟が背負ったJリーグの価値<Number Web> photograph by Naoyoshi Sueishi

text by

浅田真樹

浅田真樹Masaki Asada

PROFILE

photograph by

Naoyoshi Sueishi

各選手の欧州での経験が強みの一つとなった日本代表にあって、フロンターレ一筋で活躍してきた31歳の存在感が際立った。Jリーガーだってやれる――、充実のプレーで示した思いとは。

 町野修斗はクロアチアとの激闘の最中、時折ピッチに視線を送りながらも、ウォーミングアップのペースを速めていた。

「点を取りにいくときのプランとして、僕の高さがあったみたいで(ベンチからの指示で)準備していました。(出番が)来る可能性が高くなったと感じましたし、ゴールだけを意識しました」

 しかし、試合は1-1でこう着したままPK戦に突入し、町野の出番はなし。“26番目の男”は結局、全4試合を通じて一度もピッチに立つことなく、初めて経験するワールドカップを終えることになった。

 今大会の日本代表メンバー26人のなかに国内組、すなわちJリーグでプレーする選手は7人。ただし、そこから海外クラブでのプレー経験がある選手を除くと、残るのは町野をはじめ、わずか4人にすぎない。

 '98年に日本がワールドカップに初出場した際には22人中21人を占めていた“純国内組”は、今では全体の2割にも満たない圧倒的少数派となり、そればかりか、彼らの出場機会は限られた。

 そのひとり、相馬勇紀にしても、敗れたコスタリカ戦1試合に先発出場したのみ。「ピッチ内でチームに貢献できなかったのが悔しい」とつぶやく。

 だが、純国内組に厳しい向かい風が吹く環境下にあって、唯一の例外と言うべき存在となっていたのが、谷口彰悟である。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2893文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

谷口彰悟
川崎フロンターレ
町野修斗
相馬勇紀
山根視来
カタールW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ