Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[岡崎慎司の目]日本代表が手にした堅守という新しい顔 vs.スペイン 12.1

posted2022/12/09 08:01

 
[岡崎慎司の目]日本代表が手にした堅守という新しい顔 vs.スペイン 12.1<Number Web> photograph by Kenichi Arai

text by

寺野典子

寺野典子Noriko Terano

PROFILE

photograph by

Kenichi Arai

 2010年南アフリカ大会。

 僕にとって初めてのワールドカップの記憶は、うっすらとしか残っていない。ただただ無我夢中だったということだけだ。

 あれから12年が過ぎ、迎えた'22年大会。日本は4度目のグループステージ突破を果たした。ドイツ、スペインというワールドカップ優勝経験国を破っての1位突破。このチームには12年前の僕らとは違うタフさがあると感じている。

 第2戦のコスタリカ戦の敗戦で、日本は自分たちの強みを再確認したに違いない。それは堅い守備だ。そこから、シンプルに攻撃を仕掛けていく。そもそも、ドイツ戦とスペイン戦では、同じようなゲームプランで試合に臨む想定だっただろうが、コスタリカ戦を経て、腹をくくるような覚悟が生まれたはずだ。

 日本は3-4-2-1のシステムでスペインに挑んだ。実質5バックのような構成で、サイドの長友佑都や伊東純也がワイドに張り、陣形の重心は後ろ気味で、絶対にスペインに裏は取らせないという守備だった。

 11分に失点してしまうが、「脅威にさらされる」という怖いシーンをスペインに作られることはなかった。

 1トップの前田大然は幾度となく、スペイン守備陣へプレスをかける。単騎であってもFWがプレスへ行くことで、相手がどう出てくるのかを確認できる。そんな様子見の時間を重ね、日本はスペインに慣れていく。前田にしてみれば、周囲の選手が加勢してくれたほうがやりやすいが、無理に連動することをこの日の日本は選択していなかった。結果、DF陣は心身のスタミナを温存できただろう。前半、圧倒的にボールを保持されたが日本は落ち着いた守備でゴールを守った。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1643文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

岡崎慎司
前田大然
堂安律
三笘薫
森保一
カタールW杯
ワールドカップ
南アフリカW杯

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ