Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[コスタリカは日本をどう見たか]スペイン戦での大敗が我々の目を覚ましてくれた

posted2022/12/09 08:02

 
[コスタリカは日本をどう見たか]スペイン戦での大敗が我々の目を覚ましてくれた<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama/JMPA

text by

ヤシン・ケサーダ

ヤシン・ケサーダYashin Quesada Araya

PROFILE

photograph by

Takuya Sugiyama/JMPA

 日本との試合、ある意味で我々コスタリカに選択肢はなかった。勝ち点3をとること。それが絶対的な条件だったからだ。コスタリカは初戦でスペインに7失点で大敗した。この日本戦で仮に引き分けに終わったとしても、得失点差などを考慮するとあまり意味をなさない。できれば複数得点での勝利を――コスタリカ国内にはそんな意見すらあった。

 しかし、指揮官は知的だった。彼の采配と判断が優れていたのは、日本を前にリスペクトを持ち、インテリジェンスある戦い方を貫いたことだ。勝利が大前提ではあったが、前のめりになっていれば日本のカウンターにやられると判断し、慎重なアプローチで挑んだ。5人のディフェンダーを深いゾーンに配し、日本の2列目の選手のスペースを消し去った。ボールを保持されることは構わない。耐え、後半終盤へ持ち込む。ポイントは明確なゲームプランがあったこと。いわば自分たちを格下、弱者として認識できたことが勝因だった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 671文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

ケンダル・ワストン
ケイセル・フレール
カタールW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ