Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[現地レポート]久保建英の変化は日本を救えるか

posted2022/11/17 07:02

 
[現地レポート]久保建英の変化は日本を救えるか<Number Web> photograph by Daisuke Nakashima

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph by

Daisuke Nakashima

初のベスト8進出を果たすには、この男の活躍が欠かせない。レアル・ソシエダへの完全移籍を機に、攻守ともに輝きを増した21歳。「代表で勝負するとしたら左サイド」。急激な成長曲線を描く若武者が、スペインで見つけた道とは。

 どんなサッカー選手にも、キャリアにおいて転機というものがやってくる。

 能力を引きだしてくれる監督との出会いや、良きチームメイトとのめぐり逢いがある。ポジション変更に、負傷だってサッカー人生を左右する。

 久保建英にとっての2022年も、大いなる転機となる年だった。

 過去3年間、久保はレアル・マドリーからのレンタルでチームを渡り歩いてきた。マジョルカ、ビジャレアル、ヘタフェ。随所に活躍を見せたものの、レンタル移籍ならではの難しさも感じていた。今年7月、レアル・ソシエダへの完全移籍を決めた後、久保はこんな話をしている。

「ここから選手として本当に飛躍できるのか。最後のチャンスだと思っている」

 決断から4カ月。チームは変わり、自身のプレーにも変化があった。進化を見せた新しい久保が、カタールの地でワールドカップに挑もうとしている。

 はじまりは真夏のカディスだった。

 スペイン本土最南端にある、海に浮かぶ街。老舗バル「マンテカ」にいたレアル・ソシエダのサポーターのひとりは、小エビのかきあげをつまみながら言った。

「タケはいいチームを選んだよ。うちは攻撃的なサッカーをするから、きっと合ってる。結果を出すまでには時間はかかるだろうが、皆応援してるよ」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2848文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

久保建英
レアル・ソシエダ
カタールW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ