Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[第3戦 プロフェッショナル解説]柳裕也(中日)「直球待ちには見えなかった山田と2死で出た欲」

posted2022/11/05 07:06

 
[第3戦 プロフェッショナル解説]柳裕也(中日)「直球待ちには見えなかった山田と2死で出た欲」<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

一方の高橋は4回裏1死二、三塁のピンチを連続三振で切り抜け、2年連続勝利投手に

text by

渋谷真

渋谷真Makoto Shibutani

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

 勝敗はあの1球で決まってしまったといっても過言ではありません。5回の山田哲人選手の3ランです。

 第1、2戦で無安打、5三振。苦しみ抜いた山田選手を3番からあえて1番で起用したことが功を奏しましたが、僕が驚いたのは試合後のヒーローインタビューで山田選手が「真っ直ぐをしっかり狙って……」と話したことです。確かに打ったのは147km、低めのストレートでしたが、なぜ僕が驚いたのか。その前にあの場面での投手心理を説明します。

 両チーム無得点。宮城大弥投手は先頭の中村悠平選手にヒットを許しますが、これは想定内。誤算だとすれば続くドミンゴ・サンタナ選手に連打されたことでしょう。ベースから遠く離れて打席に立つサンタナ選手に、宮城投手は外角へチェンジアップを落としましたが、リーチがあるためバットが届いてしまいました。次は8番ですが、外国人のパトリック・キブレハン選手。送りバントはありません。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1000文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

柳裕也
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
山田哲人
オリックス・バファローズ
宮城大弥

プロ野球の前後の記事

ページトップ