Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[第3戦 KEYMAN]山田哲人「1番起用が3ランのきっかけに」

posted2022/11/05 07:05

 
[第3戦 KEYMAN]山田哲人「1番起用が3ランのきっかけに」<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph by

Nanae Suzuki

 苦しんだキャプテンの一撃は5回2死一、二塁からだった。宮城大弥の2球目のストレート。山田哲人が振り抜いた打球は、先制の3点本塁打となって左翼席の前列で跳ねた。

「素直に嬉しいです。いい角度がついてくれて、プラスしっかり自分のスイングもできていましたし、感触は良かったです。たくさん迷惑をかけていましたし、打撃コーチにもアドバイスをいただいたので感謝したい」

 キャプテンとして臨む2度目のシリーズ。だが自分がチームを引っ張るという強い思いが、逆に打席で空回りしていた。第1戦のスコアブック。3番・山田には綺麗に4つの「K」が並んでいる。延長12回の死闘となった第2戦も第1打席で四球を選んだものの、その後の5打席は無安打。1三振に併殺打と、むしろチームの足を引っ張っていた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 503文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

東京ヤクルトスワローズ
山田哲人
高津臣吾

プロ野球の前後の記事

ページトップ