Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[第3戦 KEYMAN]伏見寅威「懐を攻めたが、結果は凶……」

posted2022/11/05 07:04

 
[第3戦 KEYMAN]伏見寅威「懐を攻めたが、結果は凶……」<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

photograph by

Nanae Suzuki

 リードに正解はない――インコースにストレートを続けるリードも、打たれれば単調だと酷評され、抑えれば強気だと称賛される。だから、と言って伏見寅威はこう続けた。

「配球に関しては、悔いが残った、とは思わないようにしています」

 スワローズが山田哲人を1番に入れたのはノーヒットの山田にきっかけを掴んで欲しかったからだ。逆にバファローズは山田にきっかけの欠片も与えてはならない。伏見は山田の第1打席、宮城大弥に外角を要求した。そして3球目は内角に構えながら143kmのストレートが外に流れて、山田が芯で捉える。打球は正面を突くサードゴロとなって、まずは山田を打ち取った。第2打席は一転、スローカーブ、チェンジアップ、スライダーを低めに集めての6球目、伏見は初めて山田の懐に構えた。結果、内角のストレートで詰まらせたのだが、それが幸いしたシリーズ初ヒットが復調のきっかけになったと言うのなら、それは次の打席がホームランだったからだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 500文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

オリックス・バファローズ
伏見寅威
宮城大弥
東京ヤクルトスワローズ
山田哲人

プロ野球の前後の記事

ページトップ