Number ExBACK NUMBER

“スポーツマンNo.1”初参加で優勝、飯田哲也が本気になった理由「Jリーガーには絶対に負けたくない」「楽屋では『無理したらケガするよ』とか言ってたのに…」

posted2022/09/13 17:00

 
“スポーツマンNo.1”初参加で優勝、飯田哲也が本気になった理由「Jリーガーには絶対に負けたくない」「楽屋では『無理したらケガするよ』とか言ってたのに…」<Number Web> photograph by TBS

1995年大会で見事初優勝を果たした飯田。本人に当時の話を聞くと… 写真提供:TBSテレビ「最強の男は誰だ!壮絶プロスポーツマンNo.1決定戦II」

text by

長谷川晶一

長谷川晶一Shoichi Hasegawa

PROFILE

photograph by

TBS

 1995年から2010年にかけて放送された「最強の男は誰だ!壮絶筋肉バトル!!スポーツマンNo.1決定戦」(TBS系列)。架空の建造物「トーキョー・ベイ・コロッセオ」を舞台に、平成を代表する一流選手たちが集結し、各種目で実に白熱したバトルが繰り広げられた。プロスポーツマン大会において2度の優勝を果たし、この番組を象徴するスターとなったのが飯田哲也だ。あれから四半世紀以上のときが過ぎた今、飯田は何を思うのか――。(全3回の1回目/#2#3へ)。

この番組で有名になり、この番組に育てられた

――95年の初回放送から、すでに四半世紀以上が経過しています。この番組に関する思い出は、いまだに生々しく息づいているものですか? それとも、遠い過去のものですか?

飯田 いや、もう昔の出来事という感じですね。ただ、以前もこの番組に関するインタビューを受けたこともあったし、たまに「あの跳び箱の人ですよね?」と声をかけられることもあります(笑)。僕の顔と名前が売れたのはこの番組だし、この番組が僕を育ててくれたと言ってもいいと思いますね。

――野球ファンにとっては「ヤクルトの飯田」でも、世間の人にとっては「筋肉バトルの飯田」という感じですか?

飯田 まさに、そんな感じです。何しろ、正月早々、元日の放送で多くの人が見ていたので、放送直後は「番組見ましたよ」とか、「優勝おめでとう」と、よく声をかけられました。だから、「一応、野球もやっています」と必ずつけ加えるようにしていました(笑)。

――そもそも、この番組に出演するきっかけは何だったのですか?

飯田 95年の第1回大会の直前のことですけど、そもそもTBSサイドから古田(敦也)さんにオファーが来たんです。でも、古田さんは「僕よりももっとすごいヤツがいるから、そいつがいいのでは?」と交渉して、僕のことを推薦してくれたんです。当時の僕はそんなことは何も知らずに、ヤクルト球団から、「こんな依頼が来ているけど、どうする?」と聞かれたので、「行きます!」と軽いノリで決めました。

「絶対に1位になるぞ」という思いは全然なかったです

――「第1回」ということは、まだどんな番組で、どんな競技が行われるかという実感もなかったと思います。企画内容についてはどれくらい説明を受けていたのですか?

飯田 まさか、こんな大きな番組だとは思わなかったですね。事前に「こんな競技があります」と書かれた企画書を見ながら説明を受けたけど、結局どんなものかはよくわからず、当日会場に行って初めて、「あぁ、こんなことをやるのか」と知ったぐらいでした。

――いくらシーズンオフとはいえ、「故障したらどうしよう?」という不安などなかったですか?

【次ページ】 プロ野球選手は絶対に負けてはいけない

1 2 3 NEXT
飯田哲也
東京ヤクルトスワローズ
池谷幸雄
武田修宏
古田敦也
清原和博
佐々木誠
広沢克実
内藤尚行
伊良部秀輝
小倉隆史
永井秀樹
秋田豊
藤原喜明
佐竹雅昭

プロ野球の前後の記事

ページトップ