甲子園の風BACK NUMBER

「大阪桐蔭打線の重圧で1回が長く感じる」「ピンチになるとギアが…」秘密兵器の先発、奇策の守備シフトも想定内な王者に“油断”はない 

text by

間淳

間淳Jun Aida

PROFILE

photograph byNanae Suzuki

posted2022/08/17 17:08

「大阪桐蔭打線の重圧で1回が長く感じる」「ピンチになるとギアが…」秘密兵器の先発、奇策の守備シフトも想定内な王者に“油断”はない<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

秋春夏連覇へベスト8に進出した大阪桐蔭。相手の“奇策”にも全く動じない

 カウントを整えられず、リズムも悪くなる。二松学舎大付属の4番、5番にそれぞれ7球投じ、ヒットとフォアボールで1アウト一、二塁のピンチを招く。

 ここで松尾捕手は再び、直球を軸に据える。

 この日の川原投手は、相手打者の頭に直球があっても、力で押し込めるだけの球威があった。6番打者は直球でショートゴロに打ち取る。続く打者には直球を3球続けた後、フォークで空振り三振に仕留めて無失点で切り抜けた。川原投手の良さを生かし、相手打者にボールをしぼらせない松尾捕手のリードだった。

「大阪桐蔭はピンチになるとギアを上げてきた」

 大阪桐蔭は2番手で登板した二松学舎大付属の左腕・布施東海投手を打ち崩せず、5回以降は無得点に終わった。ただ、相手に1点も与えなかった。4-0で勝利。二松学舎大付属の市原監督は、点差以上の強さを痛感していた。

「大阪桐蔭打線の重圧を感じながらだったので、1イニング、1イニングが長く感じました。投手は2人とも良く投げましたし、守備も我慢強く守ってくれましたが、大阪桐蔭は1枚、2枚上手でした。チャンスをつくっても得点できなかったのは、大阪桐蔭がピンチになるとギアを上げてきたからだと思います。力負けです」

 大阪桐蔭は相手の奇策にも平常心を失わない普段通りのプレーで、ベスト8進出を決めた。春夏連覇まで、あと3勝。伊藤選手はチームの気持ちを代弁する。

「相手チームは自分たちを倒すことを目標にして攻めてきます。それに対して、自分たちから攻めて束になって戦おうと話しています」

 準々決勝の相手は下関国際。隙は見せない。想定される全ての事態に備えて、グラウンドに立つ。

 <#1/高松商・浅野翔吾のスカウト評価編も読む>

#1から読む“イチロー流な走力”の世代最強スラッガー浅野翔吾 スカウトが“ドラフト上位級”とホレる4つのセンス〈打撃は吉田正尚・平田良介型〉

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

関連記事

BACK 1 2 3
大阪桐蔭高校
二松学舎大附属高校
丸山一喜
川原嗣貴
松尾汐恩
伊藤櫂人

高校野球の前後の記事

ページトップ