甲子園の風BACK NUMBER

大阪桐蔭からも誘いがあった山田陽翔に「近江に来いや」 絶対的エースと誓った“甲子園V”「滋賀は近畿で唯一、日本一になっていない」 

text by

沢井史

沢井史Fumi Sawai

PROFILE

photograph bySankei Shimbun

posted2022/08/07 06:02

大阪桐蔭からも誘いがあった山田陽翔に「近江に来いや」 絶対的エースと誓った“甲子園V”「滋賀は近畿で唯一、日本一になっていない」<Number Web> photograph by Sankei Shimbun

滋賀大会を連覇し、甲子園に戻ってきた近江・山田陽翔(3年)。後方で優勝楯を手にする副将・津田基(3年)の存在も大きな力となっている

 センバツからさらに進化した山田のピッチングは、この夏の甲子園でも注目されるはずだ。中学時代からずっと後ろで守ってきた津田も、山田の成長を感じずにはいられない。

「自分も守っていて、すごいって思いますもん。ツーシームが140キロを超えるって……。(隣で守っている)横田と“今のボール、エグない?“って言う時があるんですよ(笑)」

 盟友の背中はずっと先にある。距離は縮まっていないかもしれないが、かといって広がっているわけでもない。山田にとっても津田の存在の大きさが、力の源となり、悲願の日本一を手繰り寄せるだろう。

 6年間、二人三脚で歩んできた彼らは、最高のクライマックスを迎えられるだろうか。

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

関連記事

BACK 1 2 3 4
近江高校
山田陽翔
津田基

高校野球の前後の記事

ページトップ