スポーツ名言セレクションBACK NUMBER

落合博満の“率直だけど芯をとらえる”名言「高く買ってくれるとこだったら、どこでも」「岩瀬が打たれて負けたなら、仕方ねえじゃねえか」 

text by

NumberWeb編集部

NumberWeb編集部Sports Graphic Number Web

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2022/08/01 11:00

落合博満の“率直だけど芯をとらえる”名言「高く買ってくれるとこだったら、どこでも」「岩瀬が打たれて負けたなら、仕方ねえじゃねえか」<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

中日監督時代の落合博満

 この日先発だった山井大介は8回まで1人の走者も出さず、完全試合への期待が高まっていた。しかし落合監督は最終回、岩瀬へのスイッチを決断する。

ものすごい重圧だった。人生初めてです

「ものすごい重圧だった。人生初めてです、こんなの」

 当時のマウンドについて、岩瀬はこのような言葉を残している。

 継投策は野球ファンの間に大きな議論を巻き起こすことになった。それでも……岩瀬は3者凡退に打ち取り、“複数人投手による完全試合”という記録を樹立した。落合の短い言葉で語られる信頼に、絶対的クローザーがしっかりと応えた。それは紛れもない事実である。

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

関連記事

BACK 1 2 3
落合博満
中日ドラゴンズ
岩瀬仁紀
和田一浩
ランディ・バース
北海道日本ハムファイターズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ