ハマ街ダイアリーBACK NUMBER

史上85人目のノーノーも「十字架にならないと思えたのでよかったなって」…DeNA今永昇太が明かす、達成直後に“無表情”だった理由

posted2022/06/20 11:02

 
史上85人目のノーノーも「十字架にならないと思えたのでよかったなって」…DeNA今永昇太が明かす、達成直後に“無表情”だった理由<Number Web> photograph by JIJI PRESS

6月7日の日本ハム戦。1四球、9奪三振、117球の危なげないピッチングで、プロ野球史上85人目となるノーヒットノーランを達成した横浜DeNAベイスターズの今永昇太

text by

石塚隆

石塚隆Takashi Ishizuka

PROFILE

photograph by

JIJI PRESS

「あのピッチングが、逆に今後“十字架”にならないと思えたので、それはよかったなって」

 独特の言いまわし。横浜DeNAベイスターズの今永昇太は、6月7日の日本ハム戦(札幌)で自身が達成したノーヒットノーランについて、落ち着いた風情でそう語った。

偉業達成にも「眉ひとつ動かさなかった」理由

 プロ野球史上85人目の偉業。1四球、9奪三振、117球の危なげないピッチング。これまでの今永といえば、2017年の日本シリーズでソフトバンク打線を封じた圧巻の投球など要所で“記憶”に残るプレーは多かったものの、主要タイトルを獲得するなど“記録”に残るプレイヤーではなかった。しかし今回、晴れて“記憶”と“記録”に残るピッチャーになったといってもいいだろう。

 とはいえ、今永の心はまるで凪だ。ノーヒットノーランを達成した瞬間も「僕たちのホームではないので、あまり大喜びしても」と語っていたように、眉ひとつ動かすことなく粛々と状況を受け入れていた。

「多くの方々から祝福してもらえるのは嬉しいのですが、それはたまたま僕がピッチャーだからスポットライトを浴びているだけで、それ以外のところでいろんな人が携わってくれたからこそ達成できたんだと思うんです。テンプレートみたいな台詞ですけど、本当にそう思うんですよね」

 多くの人の尽力や支えがあったからこその結果だと、今永は真摯に言う。

 ただプロ7年目、キャリア初となる偉業を達成したことで、なにか新しい風景は見えたのだろうか。

「いや、これが例えば絶不調だったり、ものすごく調子が良かったりしたら印象も違ったのでしょうが、調子としては良くもなく悪くもなく普通だったんですよ。もちろん球場の広さやドームということに助けられたところもありましたが、本当に淡々と投げることができたんです」

 この言葉が冒頭の“十字架”に繋がっていく。通常運転のピッチングだったからこそ、今永にとって“特別なモノ”とはならなかった。

「あのピッチングが理想とかになってしまうと、今後やりにくくなってしまう可能性があったかもしれません。けど思い返してみても、なにか特別な一球があったわけでもなくて、この球がめちゃくちゃ良かった、というわけでもなかった。本当、普通のピッチングでした」

 今永は普通という言葉を強調したが、あれが普通であるのならば底知れないものを感じてならない。

【次ページ】 9回裏2アウトで最後の打者…相棒・嶺井博希からのサイン

1 2 3 4 NEXT
今永昇太
嶺井博希
齋藤隆
横浜DeNAベイスターズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ