Jをめぐる冒険BACK NUMBER

「和製ハーランドじゃなくて“怪物・中島大嘉”に」デカくて速い20歳FWの魅力は“ドラゴン久保竜彦級”のスケールと茶目っ気 

text by

飯尾篤史

飯尾篤史Atsushi Iio

PROFILE

photograph byAFC

posted2022/06/12 17:00

「和製ハーランドじゃなくて“怪物・中島大嘉”に」デカくて速い20歳FWの魅力は“ドラゴン久保竜彦級”のスケールと茶目っ気<Number Web> photograph by AFC

タジキスタン戦でのゴールで勝利に貢献し、チームメートと喜ぶ中島大嘉(中央)。大型FWには化ける予感が漂う

 サウジアラビア戦と同じくひとり少ない状況で、相手のレベルの差はあれど、中島が示したのはゴールに向かう姿勢だった。それはつまり、殻を破りつつある証かもしれない。

「昨日の練習で、ちょっとずつ何を改善すべきかが見えていて、取り組んでいる。それを習得したら、今まで見えなかった世界が一気に開けるんじゃないかなって実感している。その礎を築いている状態。まだ、ピッチで体現する機会は多くないけれど、前段階はできたので少しずつ見せられたらいいなって思う」

ここから先は全部、ヒーローインタビューになるくらいの活躍を

 準々決勝の相手はU-23韓国代表に決まった。中島が小さい頃から見てきた日韓戦は熱い試合が多いイメージだという。相手が日本となれば120%の力で向かってくるライバル国に果たしてどのような戦い方で挑むのか。

「すごく手強い敵だと思いますけど、相手を考えるよりも、敵は自分自身。100%で良い準備をして、良い練習を積み重ねていけば、どんなチームでも結果を出せる。今日は(松木)玖生がヒーローインタビューでしたけど、ここから先は全部、俺がヒーローインタビューになるくらいの活躍をしようと思っている。日韓戦は燃えるけど、敵というよりも自分に対して準備をしていきたい」

 大言壮語が嫌味に聞こえない、珍しいタイプ。プレーヤーとしてのポテンシャルはもちろん、人間的な魅力の詰まった太陽のようなストライカーがこの先、どんな成長を遂げていくのか。ライバル・韓国と激戦で、“怪物・中島大嘉”になる瞬間を見られるかもしれない。

#2につづく>

#2に続く「ベンゲル仕込みの采配で熱い人」勝負師・大岩剛監督のパリ世代に感じる“サッカーIQ” 日韓戦は「経験を積みに来たわけではない」

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

関連記事

BACK 1 2 3 4
中島大嘉
北海道コンサドーレ札幌
久保竜彦
大岩剛
国見高校

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ