Jをめぐる冒険BACK NUMBER

「和製ハーランドじゃなくて“怪物・中島大嘉”に」デカくて速い20歳FWの魅力は“ドラゴン久保竜彦級”のスケールと茶目っ気 

text by

飯尾篤史

飯尾篤史Atsushi Iio

PROFILE

photograph byAFC

posted2022/06/12 17:00

「和製ハーランドじゃなくて“怪物・中島大嘉”に」デカくて速い20歳FWの魅力は“ドラゴン久保竜彦級”のスケールと茶目っ気<Number Web> photograph by AFC

タジキスタン戦でのゴールで勝利に貢献し、チームメートと喜ぶ中島大嘉(中央)。大型FWには化ける予感が漂う

「それホンマなんすかね? 後付けちゃうんかなと。漢字はそういうのもあったと思うんですけど、『たいか』にしたのは適当なんじゃないかなと。ホンマなら、綺麗すぎるんで、関係とか考えても。お父さんはそういう風に言ってたし、嘉人さんもそう思ってくれていると思うんで、そういう選手にこれからなっていく予定ではあります」

 年代別代表に呼ばれたのは、国見時代にU-18日本代表のキャンプに呼ばれて以来。5月上旬の千葉合宿で大岩ジャパンに初招集された初日には「あんまりまだ馴染めていない」と言っていたにもかかわらず、瞬く間にチーム内でいじられキャラ、ムードメーカーの地位を確立した。

次にあの中心にいるのは俺や、と

 今大会に入ってからも、その明るさと奔放な発言は変わらない。

 途中出場を飾り、2-1で勝利したU-23UAE代表との初戦のあとには、こんな“らしい”コメントで取材陣の笑いを誘った。

「(鈴木)唯人さんが点を決めたときも、細谷(真大)さんが点を決めたときも、歓喜の渦ができて。あの中心にいるために生きていてサッカーやってるんで、点を決めたヒーローを取り囲むひとりに自分がなっているのはすごく悔しいし、ジェラシーを感じているんで、次にあの中心にいるのは俺や、と。俺じゃないとダメなんで、俺的には(笑)。得点王狙っているんで。ここから上がっていくしかないんで、期待してもらえれば」

 ところが、そんな天性の愛されキャラから、いっとき笑顔が消えた。

 サウジアラビアとの第2戦――。

 中島は日本に退場者が出た4分後の83分、0-0の状況で途中出場を果たす。前線からボールを追いかけながら、ワンチャンスを仕留めるタスクを命じられたものの、空回りして攻撃に絡めない。

殻を破らないと“大口叩くだけ”で消えてしまう

 そして、その瞬間は93分に訪れた。

 ゴール正面に陣取る中島に味方からくさびのパスが入ったが、この好機に中島はシュートに持ち込むことを選ばず、ワンタッチで味方に落としてしまう。

 数的不利の状況で迎えた数少ないチャンスを自ら手放してしまった――。

 試合後のミックスゾーンでそのシーンについて聞かれると、反省の言葉、後悔の言葉が溢れ出た。

【次ページ】 中島を「怖いもの知らず」と評する大岩監督の起用法

BACK 1 2 3 4 NEXT
中島大嘉
北海道コンサドーレ札幌
久保竜彦
大岩剛
国見高校

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ