箱根駅伝PRESSBACK NUMBER

「どうしても青学を意識します」國學院大2大エースが初海外レース後に明かした“絶対王者への想い”「ぶち倒したい相手です(笑)」 

text by

涌井健策(Number編集部)

涌井健策(Number編集部)Kensaku Wakui

PROFILE

photograph byShota Matsumoto/adidas Japan

posted2022/05/17 11:00

「どうしても青学を意識します」國學院大2大エースが初海外レース後に明かした“絶対王者への想い”「ぶち倒したい相手です(笑)」<Number Web> photograph by Shota Matsumoto/adidas Japan

ドイツで開催されたタイムトライアルレース「ADIZERO: ROAD TO RECORDS」で初海外レースに参戦した國學院大の山本歩夢と平林清澄。ライバル校への率直な想いを語ってくれた

「一番上を目指すなら、彼らのような選手が世界を見る志を持つべき。チームとして変にコンパクトになりたくないんです。まとまっているだけだとダメで、上のレベルにいる選手が突き抜けて、他の子が刺激をうけるようにならないといけない。そういう切り札的存在がいないと、いまの青学が君臨する箱根は勝てないですから。

 平林、山本が4年になったときの優勝を目指すと考えていますが、だからこそ、このタイミングで、今回、ヨミフ(・ケジェルチャ)のような本当のトップと走るチャンスをもらえるのはとてもありがたいことなんです。お金で買おうと思っても、買えない機会。世界のトップとつながっているアディダスさんにサポートしてもらえることには感謝しています。2人にはチームを育てる、という意識を持って欲しいと常に伝えていますから、この経験を活かしてほしいですね」

「今の大学生ランナーなら、どうしても青学を意識しますよね」

 そんな指揮官の意向はしっかりエース2人にも伝わっている。

「いまの大学生ランナーなら、どうしても青学を意識しますよね。その青学や他校のライバルと個人で争えるのは、僕ら2人に、中西(大翔)さん、島崎(慎愛)さん、伊地知(賢造)さんの5人なので、ここが結果を出していかないとチームのレベルがあがってこない。その立場にいるという自覚は持っています」(山本)

「青学はぶち倒したい相手ですよね(笑)。青学の強さって、チームのスタンダードが高いことだと思うんです。レギュラーになろうと思えば、その高い水準に追い付こうとみんなが頑張る。だから青学は駅伝で強いんじゃないかって。國學院のスタンダードをあげていきたいと思っているので、僕らが練習の質をあげつつ、トラックでもタイムを伸ばして、他の選手の心理的な限界をなくすつもりです」(平林)

 ドイツの地で受けた大きな衝撃。だが、國學院大と2人のエースは、チームとしても、個人としても、その衝撃をうまく受け止めつつ、ここから上昇気流にのっていきそうだ。

関連記事

BACK 1 2 3 4
平林清澄
山本歩夢
國學院大學

陸上の前後の記事

ページトップ