Sports Graphic Number MoreBACK NUMBER

ソダシの気性は「ゴールドシップより荒いかも」…じつは気難しい“純白のアイドル”と吉田隼人がヴィクトリアマイルで狙う逆襲 

text by

太田尚樹(日刊スポーツ)

太田尚樹(日刊スポーツ)Naoki Ota

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2022/05/14 17:02

ソダシの気性は「ゴールドシップより荒いかも」…じつは気難しい“純白のアイドル”と吉田隼人がヴィクトリアマイルで狙う逆襲<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

4月上旬に放牧先から帰厩したソダシ。吉田隼人騎手を乗せ、今浪隆利厩務員に引かれて調教へ向かう

 ただ、その緊張感を味わえるのは限られた者だけだ。連勝が止まったオークスの直後。「負けさせてしまった」と肩を落とす吉田に、声をかけてきたのは武豊だった。

「ユタカさんに『勝ってたら次が大変やったぞ』って言われたんです。今から考えると、あのひとことで楽になれました」

 百戦錬磨のレジェンドは、かつて同じ勝負服を来てディープインパクトを駆り、連戦連勝の栄光だけでなく、痛恨の敗戦も味わった。だからこそ、吉田の落胆を察して励ましをくれたのだろう。その言葉は徐々に胸へと染み込み、沈んだ心を軽くした。

同じ勝負服で大阪杯を制覇「着れば心強い」

 かけがえのない経験は、一途に上を目指し続ける38歳の糧となっている。先月の大阪杯では単勝58.7倍のポタジェで制して大波乱を演出。昨年の年度代表馬エフフォーリアをはじめとする強敵にもひるまず、不屈の思いで挑んだ結果だった。

「圧倒的に強い馬がいましたけど『どこかで爪痕を残してやる』と挑んだ一戦でした。ハイペースに巻き込まれそうになっても『勝ち負けするにはついていかないと』と思って。踏ん張ってくれてよかったです」

 そのポタジェもまた金子真人の所有馬だった。縁と謝意を感じずにはいられない。

「すごいオーナーで、これだけチャンスを頂けるのが不思議なぐらいです。あの勝負服の馬は強く見えましたし、憧れでしたから。着れば心強いのもあります」

 そんな「黒・青袖・黄鋸歯形」の勝負服をまとい、9カ月ぶりの白星をかけてソダシとヴィクトリアマイルに臨む。もちろん今も重圧はある。だが、心は潰れない。

「緊張はします。けど、パフォーマンスに影響するとかはあまりないです。逆に燃えるっていうか。自分を追い込んで奮い立たせてる部分はありますね」

 そう、吉田自身も、もの静かな外見に熱き気概を秘めている。たとえば勝利直後のガッツポーズ。全身の毛穴から感情を噴き出すかのようだ。小学校5年で乗馬を始めた頃には、木馬や自転車の上で、武豊ら名手のポーズをまねていたという。「僕なんかチャンスが少ないんで、勝った時にガッと出ちゃいますね」と照れ笑いする。

 絵になる人馬は、それぞれ荒ぶる魂を胸に包んでいる。だからといって、似た者同士と決めつけてしまうのは少しばかり強引かもしれない。それでも、ソダシの馬上には、やはり吉田隼人こそふさわしい。

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

<W杯へ!サムライブルーの野望>日本代表、欧州に挑む。

「Amazon」で購入

Sports Graphic Number 1050

<W杯へ!サムライブルーの野望>
日本代表、欧州に挑む。

サッカー日本代表、海外組特集!

【新エースに訊く】
伊東純也「大物食いは、大好物」

【越境者たちの決意】
三笘薫/田中碧
南野拓実/吉田麻也
遠藤航/守田英正

【代表戦士製造工場】
フロンターレが日本を救う

【E組監督Wインタビュー】
森保一/ハンジ・フリック

【別冊付録】
新時代のモータースポーツ

定価:本体700円(税込)目次ページへ

関連記事

BACK 1 2 3 4
ソダシ
吉田隼人
須貝尚介
武豊
金子真人
今浪隆利
ゴールドシップ

競馬の前後の記事

ページトップ