サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

11年前、なぜ甲府だけが伊東純也の才能に気づけたのか? 中田英寿も獲得したスカウトが語る「無名の神奈川大1年のスピードにビックリした」 

text by

栗原正夫

栗原正夫Masao Kurihara

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE

posted2022/04/20 12:10

11年前、なぜ甲府だけが伊東純也の才能に気づけたのか? 中田英寿も獲得したスカウトが語る「無名の神奈川大1年のスピードにビックリした」<Number Web> photograph by J.LEAGUE

カタールW杯最終予選で4試合連続ゴール…救世主となった伊東純也(29歳)。11年前、なぜ甲府がいち早くその才能に気づけたのだろうか?

「神奈川県の高校サッカーでいえば、それまで弱いとされていた学校が突然県でベスト8とか16くらいに勝ち上がってきたら何かあるわけで、だいたい何人かいい選手がいるものです。しかも、有名校は上手な子が多く、サイドバックならサイドバック、中盤なら中盤の動きをテクニカルに叩き込まれている一方、弱小校の場合はチーム全員が上手なわけではありません。なかにはボール扱いの下手な子もいて試合では1人で2、3人に囲まれても勝負せざるを得ない場面や、場合によっては1人で攻撃も守備も、主将までぜんぶやるみたいなこともあったり。

 だから本当に化ける選手は、そこまで強くない学校から出てきたりするというか。代表選手の経歴を調べてみても、半分は有名校かもしれないですが、半分はそうじゃなかったりします。アンダー世代で代表に入っていても、それがそのままA代表にいくわけではなく五輪でおしまいの選手もかなりいますし、あとで伸びる選手もいるじゃないですか」

 そんな目利きの森だけに、さぞ最近の伊東のブレイクぶりに快感を覚えているかと思えば、そうでもないと笑う。

「伊東はあれだけのスピードがありましたし、たまたま3、4年時は関東2部にいたから他のクラブに見逃されただけです。攻撃的な選手にとって、やっぱり一瞬のスピードに勝るものはないですから。それにスカウトはクラブに入れるまでが仕事で、それが終われば、もう私にとっては“過去の人”。彼はもう立派に成長して、僕がいま気になるのは甲府のこと。だから、最終予選の活躍はどちらかといえば冷めた目で見ちゃっていたかもしれません(笑)」

 日本代表で現在、伊東と右サイドのポジションを争う久保建英(マジョルカ)や堂安律(PSV)はアンダー世代から大きな期待を背負い、若くして海を渡り結果を出してきた選手たちである。歩んできた道はそれぞれのプレースタイルにも表れているが、そんな彼らが切磋琢磨し、混ざり合って“ケミストリー”が起きることもサッカーの奥深さであり、楽しさであるのかもしれない。

<#1、#2から続く>

#1から読む公立高サッカー部時代は名門に1-6大敗…伊東純也はいつ覚醒した? 父親の証言「足は速い子でしたが野菜嫌いで…まさか日本代表になるとは」

関連記事

BACK 1 2 3 4
神奈川大学
大森酉三郎
KRCヘンク
伊東純也
逗葉高校
遠藤航
吉田麻也
旗手怜央
横浜F・マリノス
小野裕二
桐光学園高校
ヴァンフォーレ甲府
柏レイソル
野津田岳人
流通経済大学
永井謙佑
小林悠
佐々木翔
久保建英
堂安律
中田英寿
モンテディオ山形
湘南ベルマーレ
石原直樹
中町公祐
稲垣祥
カタールW杯

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ