Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[Wインタビュー]村上宗隆×奥川恭伸「プライムタイムはこれからだ」

posted2022/03/17 07:04

 
[Wインタビュー]村上宗隆×奥川恭伸「プライムタイムはこれからだ」<Number Web> photograph by Kentaro Kase

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph by

Kentaro Kase

年々凄みを増し、いまや球界を代表するスラッガーと、エースへの道を着実に歩み始めた3年目の本格派右腕。一方が課題と反省を口にすれば、一方は自信を漲らせる。対照的なふたりが描く、スワローズの明るい未来とは。

 2018年、村上宗隆。

 2020年、奥川恭伸。

 このふたりの入団がヤクルトの歴史を変えた。

 日本一になった'21年、村上は東京オリンピックで金メダル、さらに自身初めてとなる本塁打王を獲得した。そして奥川は開幕から中10日ほどの間隔でローテーションを守り、チームの勝ち頭となる9勝を挙げただけでなく、クライマックスシリーズの巨人戦、日本シリーズのオリックス戦といずれも初戦の大役を担い、エースへの道を進んでいる。

 高校を卒業してから間もないふたりが大きな戦力となったのは、ヤクルトの育成方針が功を奏したからでもある。村上が'18年に入団した時に二軍監督だったのは、現在は一軍の指揮を執る高津臣吾監督だ。

「ムネ(村上のニックネーム)は入ってきた時から、これはモノが違うと思いました。体の大きさ、強さ、そして打球のスケール。僕自身、どんなことがあっても4番から動かすつもりはなかったし、'18年の9月には一軍に昇格させて、雰囲気を知ってもらえれば、翌年につながると考えたんです」

 村上は昇格した最初の試合に6番で登場、いきなり初打席で初本塁打を放った。その瞬間、村上を一軍に送り出した二軍コーチ陣が大騒ぎになったと高津監督は思い出す。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 4758文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

東京ヤクルトスワローズ
村上宗隆
奥川恭伸
高津臣吾

プロ野球の前後の記事

ページトップ