プロ野球亭日乗BACK NUMBER

《後継者問題》阿部慎之助が“1番手”ではない…巨人・原監督が明かした「次の監督」6人の候補と「1つだけ確実に言えること」とは? 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byNanae Suzuki

posted2021/12/14 11:04

《後継者問題》阿部慎之助が“1番手”ではない…巨人・原監督が明かした「次の監督」6人の候補と「1つだけ確実に言えること」とは?<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

新たに3年契約を結んだ原監督が、自らの「後継者」に関する思うところを率直に語った

「今シーズンの最後に慎之助を一軍に呼んだのは、二軍の日程が全て終わったからというのもありましたよね。ただもちろん彼も巨人の監督をやらなければならない1人であることは間違いない。ただ、一軍に呼んだからというのはね。僕が最後に采配を任されたときも、それは監督から言われた役割であって、だから監督が確約されたなんて、僕は思わなかったですよ。全く思わなかった」

「1を伝えたら、それを2、3とできる人」

――誰が後継の1番手ということはないと解釈していいということですか?

「後継者というのは、知らず知らずの内に必ず出てくるものだと思います。誰かが次の監督の名前を挙げるとか、それはないでしょう。なるべくしてなるだけです。何よりやっぱりファンであり、選手たちであり、あるいはコーチ、周りの人たちが、自然とその人間を次の監督だと思うことが必要な条件でしょう。自然にそういう環境が出来上がってくるものだと思いますよ。

 だから私は早くそういう人が出てくることを願うばかりです。その中で色々な経験を話したり、教育と言ったらおこがましいですけど、伝えるものがあります。1を伝えたら、それを2、3とできる人が監督として上がっていく人じゃないですか。1を伝えたら2、3にできないとなかなか上の指導者というのは難しい。これは本当に難しいと思います」

――監督自身の中には候補の名前が何人かあるけど、そこは色眼鏡では見ない?

「その通りです。フラットな目で見ているし、必ずそうなる人材は出てくる。また出てこないとダメです。そうして出てきたら、私はその人間を観察し、ちょっとアドバイスを送り、多少、教育をしようという気持ちはあります」

――出てきている感触はありますか?

「ないわけないですね。なきゃダメだと思います。ただ約束をしているわけではないし、自分の力で上がってこなければならない。で、僕の信頼ではなくて、選手であったり、ファンであったり、もっと周りの人の支持を受けて、そうして初めて巨人軍の監督というのは生まれる。それが本来の姿であると思います」<前編から続く>

#1から読む《直撃インタビュー》巨人・原辰徳監督に聞く「なぜ9月に大失速?」「中5日ローテーションへの批判をどう思う?」

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

関連記事

BACK 1 2 3 4
読売ジャイアンツ
原辰徳
桑田真澄
阿部慎之助
元木大介

プロ野球の前後の記事

ページトップ