Sports Graphic NumberBACK NUMBER

侍ジャパン指揮官就任は「それだけはないよ(笑)」栗山英樹新監督が明かしていた“勝ちの逆算”「僕は時間軸をずらすことに成功したのかも」

posted2021/12/04 17:04

 
侍ジャパン指揮官就任は「それだけはないよ(笑)」栗山英樹新監督が明かしていた“勝ちの逆算”「僕は時間軸をずらすことに成功したのかも」<Number Web> photograph by Asami Enomoto

日本ハム監督を退任後、時間を置かずに侍ジャパンの指揮官に就任した栗山英樹新監督

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

photograph by

Asami Enomoto

ファイターズを10年にわたり指揮した栗山英樹氏が侍ジャパンの監督に就任しました。そこで日本ハム監督退任後に行なったインタビューを特別に公開します。
<初出:Sports Graphic Number1041号(2021年12月2日発売)>

常識を疑い、先入観に抗い続けた10年間で積み重ねた勝ち星は684、そしてリーグ優勝2回、日本一1回。プロ野球における「監督」のイメージを覆した男が、北の大地での日々を雄弁に、じっくりと振り返った。

◆◆◆◆◆

 栗山英樹は2012年からファイターズの監督を10年に渡って務めてきた。球史を紐解くと、パ・リーグで同一チームの監督を10年以上続けて務めたのは5人しかいない。鶴岡一人の23年、王貞治の14年、西本幸雄の11年、10年の上田利治と栗山――国立の東京学芸大学を卒業後、スワローズの外野手としてゴールデングラブ賞を獲得。引退後はスポーツキャスターや大学教授として野球に向き合ってきた論客が、梨田昌孝の後任として22年ぶりにユニフォームを着たとき、誰もがその“らしからぬ”監督像に驚き、戸惑い、期待した。思い起こせば10年前、監督になったばかりの栗山に最初に訊ねたのは「監督と呼ばれて振り向けるようになりましたか」という質問だった。当時、51歳だった栗山はこう言っていた。

「監督になろうと思ってなったわけじゃない」

「だいぶね(笑)。だって振り向かないと話が進まないからさ。オファーを受けて真っ先に言っちゃったのは『僕に死ねと言ってるんですよね』と……僕は監督になろうと思ってなったわけじゃないし、このポジションは自分のことはゼロ、人のために尽くすだけだと思ってますから、チームのためにできることをしようと思っています」

 あれから10年。

 栗山はできることに力を尽くしてきた。監督としてファイターズに2度のリーグ優勝をもたらし、日本一にも導いた。「翔平」「佑樹」「幸太郎」と選手のことをファーストネームで呼び続け、選手への信頼と監督としての責任を連呼、温かくも厳しい選手との独特の距離感を作り出した。61歳となった今、監督のイメージを変えたと言われる栗山が退任を機に感じているのは、どんなことなのだろう。

「イメージを変えた? いやいや、それはないでしょ(苦笑)。これっぽっちもないね。それどころか、ダメの烙印を押されて監督を辞める感じしかない。これは冗談じゃなくて、プロ野球の監督ってそういうもんだなと思った。とくにこの3年、ダメだったからこそ勉強になったと思う。何とかしようとものすごく考えたし、もがき苦しんだ。野球の難しさを改めて感じさせられたよね。もし日本一になった頃に辞めていたら、こういう野球観にはなっていなかったんじゃないかな」

【次ページ】 「時間軸が人と違っていた」

1 2 3 4 NEXT
北海道日本ハムファイターズ
栗山英樹
中島卓也
清宮幸太郎
宮西尚生
侍ジャパン

プロ野球の前後の記事

ページトップ