SCORE CARDBACK NUMBER

侍の脇役から鷹の主役へ。千賀滉大は変化を恐れない。

posted2021/09/14 07:00

 
侍の脇役から鷹の主役へ。千賀滉大は変化を恐れない。<Number Web> photograph by KYODO

千賀は8月25日には7回1死までノーヒットピッチングで今季3勝目。この日最速は158kmで完全復活も近い

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

photograph by

KYODO

 東京オリンピックでの千賀滉大はブルペンで待機した。そして中盤に打ち合いとなった準々決勝のアメリカ戦、5-6と1点差に追い上げた6回に4番手としてマウンドへ上がった。ここで千賀は3者連続の空振り三振を奪って、アメリカの勢いを止める。結果、9回に追いついたあと、延長で飛び出した甲斐拓也のサヨナラヒットは千賀のピッチングが呼び込んだと言っていい。

 菅野智之とともに日本代表のど真ん中にいるはずだった千賀が、そのポジションを山本由伸と森下暢仁に譲ってリリーフに徹した。その姿を見て思い出した彼の言葉がある。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 672文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

大谷翔平 旋風を超えて。

Sports Graphic Number 1035

大谷翔平 旋風を超えて。

 

関連記事

千賀滉大
福岡ソフトバンクホークス
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

プロ野球の前後の記事

ページトップ