猛牛のささやきBACK NUMBER

22歳山本由伸は何がスゴい?「ホームラン打ちたい」野球少年が“球道者”の顔をのぞかせた瞬間とは《侍ジャパン》 

text by

米虫紀子

米虫紀子Noriko Yonemushi

PROFILE

photograph byMasaki Fujioka/JMPA

posted2021/07/29 11:04

22歳山本由伸は何がスゴい?「ホームラン打ちたい」野球少年が“球道者”の顔をのぞかせた瞬間とは《侍ジャパン》<Number Web> photograph by Masaki Fujioka/JMPA

侍ジャパン初戦のマウンドを任せられた山本由伸(オリックス)

 2年目はリリーフとして勝ちパターンの8回を支え、3年目は先発ローテーションに入り、最優秀防御率を獲得。結果を出すにつれ否定的な声は消えていった。

 そして日本のエースと言われる存在に。多彩な変化球はどれも一級品で、ストレートの最速は158キロ。特にこの2年は「強いストレート」にこだわってきた。すでに日本の強打者をねじ伏せているストレートだが、山本自身はこう語る。

「まだまだです。ストレートにはいろんな要素があるから。球速もその1つですけど、スピードだけがすべてじゃない。スピン量だったり、角度だったり、リリースの感覚だったり……まだ(理想の)足元ぐらいじゃないですかね」

 野球少年が、球道者の顔をのぞかせた。

世界を相手にしても

 山本の壮大な遊び場は世界へと広がる。

 2019年のプレミア12ではリリーフとして優勝に貢献した。

 そして、エースとして臨むこの東京五輪では、オープニングゲーム・ドミニカ共和国戦の先発を任された。

 金メダルを期待される侍ジャパンの初戦。初回はさすがに顔がこわばり、力みが見えたが、立ち上がりを無失点でしのぐと、次第にいつものように自在にボールを操るようになっていく。普段以上にカーブを使って緩急をつけ、フォークで三振を取る。6回を投げ2安打無失点、9奪三振で役割を果たした。

 ただ、山本が投げている間の日本の安打は、オリックスの主砲・吉田正尚の1本だけと、援護に恵まれなかった。7回にリリーフした青柳晃洋(阪神)が2点を奪われ、1-3とリードされて9回裏を迎えたが、ドミニカのミスから畳み掛けた日本が一気に3点を奪い、劇的なサヨナラ勝利を収めた。

 援護がなく重苦しいマウンドだったが、きっと山本は言うだろう。

「勝てたら嬉しい。勝てた試合が一番いい試合」

 エースの力投が実り、劣勢を跳ね返しての逆転勝利は今後に弾みをつけそうだ。

 次に山本が登板するのは、メダルへとつながる大一番。そんな展開を期待したい。

関連記事

BACK 1 2 3 4
山本由伸
オリックス・バファローズ
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

プロ野球の前後の記事

ページトップ