Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

慶應義塾大学「友情よりも日本一」~1985年・中野忠幸~
<ラグビー名門大学の流儀>

posted2021/02/11 07:00

 
慶應義塾大学「友情よりも日本一」~1985年・中野忠幸~<ラグビー名門大学の流儀><Number Web> photograph by Bungeishunju

何曜日であろうと、日吉グラウンドの練習強度が落ちることはなかったという

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph by

Bungeishunju

日本ラグビーの「ルーツ校」が、社会人を破って日本一に輝いた。その強さの礎となったのは、日吉や山中湖で繰り広げられた常軌を逸したトレーニングだった。当時の主将が抱いた“覚悟”を語る。

 早慶戦前夜。日吉のグラウンドは殺気立っていた。レギュラー陣が合宿所で粛々と試合の準備を進めていると、グラウンドからは悲鳴や絶叫が響いてくる。ジャージをもらえなかったメンバーが「盛り上げ練」と称して、文字通り倒れるまで走り続ける。そのうち、救急車のサイレンが響く。

 1985年の慶應。前年、大学選手権決勝で「幻のスローフォワード」によって平尾誠二、大八木淳史らを擁する同志社に敗れたタイガー軍団は、監督は上田昭夫の続投、右プロップの中野忠幸を主将に据えてシーズンイン。対抗戦は4位だったものの、大学選手権決勝では明治と引き分けて両校優勝。抽選で出場した日本選手権ではトヨタ自動車を破り、1899年の創部以来初の日本選手権優勝を手にした。

 現在、東京港区のオフィスに勤務する中野は、黒黄のネクタイをして現れた。「こういう時しか、このネクタイをする機会もなくてね」と微笑む。

 長年、慶應の卒業生の話を聞いてきたが、50代を迎え、メガバンクの役員や企業のトップに立った人も多く、例外なく穏やかな表情を持つ。しかし、彼らは日吉で狂った時を過ごした。幼稚舎から慶應で育った人間もいるから、環境は恵まれている。練習が終われば自由が丘や六本木に出かけ、休日には愛車でサザンやユーミンを聴きながら湘南までドライブへ行くいわゆる「慶應ボーイ」たちが、なぜ、泥にまみれた練習を厭わなかったのか。もっと楽な大学生活だっておくれたはずなのに。中野はいう。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 4524文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

慶應義塾大学
中野忠幸
上田昭夫

ラグビーの前後の記事

ページトップ