箱根駅伝PRESSBACK NUMBER

箱根駅伝が超ハイスピードに? 強豪校が警戒する「序盤から勝負する《中堅校》」とは【往路の波乱】 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byJMPA

posted2020/12/17 11:03

箱根駅伝が超ハイスピードに? 強豪校が警戒する「序盤から勝負する《中堅校》」とは【往路の波乱】<Number Web> photograph by JMPA

3000m障害では日本歴代2位となる8分19秒37、U20日本記録を持つ三浦龍司(順大)

定石が覆される“2021箱根駅伝”のゆくえ

 従来、1区、2区は牽制し合い、大きな差がつかない。3区、4区で差を縮め、あるいは差を徐々に広げ、山の区間で優位な展開に持ち込み、復路の7区、8区で準エースを出して決める。それが箱根駅伝勝利の定石だった。

 だが、超ハイスピード駅伝では、最初から主力を投入し、主導権を握って、畳みかけていく必要がある。1区から削り合い、消耗戦を戦い抜けるタフなチームだけが生き残れるのだ。この厳しさこそが、駅伝の醍醐味でもある。

 そのキーとなる「ジョーカー」を持つ中堅のチームは、要注意だ。

 タイムを持ったエリートやスーパールーキーの登場、そして留学生の存在で、今季の箱根駅伝は新たなレース展開を見せることになりそうだ。

関連記事

BACK 1 2 3
青山学院大学
東海大学
駒澤大学
東洋大学
東京国際大学
順天堂大学

陸上の前後の記事

ページトップ