マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

プロ野球“育成枠”56人が自由契約に…スカウトの本音は「周東も千賀も奇跡。育成は“確率”が低すぎる」

posted2020/12/09 17:30

 
プロ野球“育成枠”56人が自由契約に…スカウトの本音は「周東も千賀も奇跡。育成は“確率”が低すぎる」<Number Web> photograph by BUNGEISHUNJU

2017年、育成選手ドラフト2位でソフトバンク入りした周東佑京。今年シーズン50盗塁を達成し盗塁王に

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph by

BUNGEISHUNJU

 プロ野球各球団が来季も契約する権利を持つ保留者名簿から外れた選手……つまり「自由契約選手」のリストというのが、スポーツ新聞に大きく掲載されていたので、眺めていた。

 10年以上プロ野球に在籍していた選手たちは、活躍の度合いはともかくとして、その野球の「能力」を全うしたということになろうか。

 ただ10年といっても、高校からプロ入りした選手たちならまだ30前。自由契約など不本意に思う選手もいるかもしれないが、それだけ長い時間、球団が選手の能力を見極めて、「そろそろこのへんで……」と判断したのだろう。

 15年から20年に及ぶプロ野球生活を過ごした“レジェンド”たちも、その名を連ねている。  

 阪神・投手・藤川球児、中日・投手・吉見一起、巨人・投手・岩隈久志、広島・捕手・石原慶幸、、楽天・投手・久保裕也、千葉ロッテ・捕手・細川亨、ソフトバンク・内野手・内川聖一、阪神・外野手・福留孝介……。 

「大学や社会人に進んでいれば……」

 なかには、プロ入りして5年にも満たない選手が「自由契約リスト」に載っているのには、複雑な思いを抱かざるを得ない。

 特に、「育成枠」の選手たちは3年間で「支配下」に昇格できないと自由契約になるルールがあることもあって、今年は12球団で56人が自由契約選手として公示された。

【次ページ】「大学や社会人に進んでいれば……」

1 2 3 NEXT
周東佑京
千賀滉大
甲斐拓也

プロ野球の前後の記事

ページトップ