熱狂とカオス!魅惑の南米直送便BACK NUMBER

W杯南米予選がカオス…「恥を知れ」とハメスらに批判の嵐 コロンビアが“暴風雨”エクアドルに1-6惨敗

posted2020/11/22 11:03

 
W杯南米予選がカオス…「恥を知れ」とハメスらに批判の嵐 コロンビアが“暴風雨”エクアドルに1-6惨敗<Number Web> photograph by Getty Images

エクアドル相手の大惨敗にガックリするハメス・ロドリゲス。コロンビアは復調を果たせるのか

text by

沢田啓明

沢田啓明Hiroaki Sawada

PROFILE

photograph by

Getty Images

 2022年ワールドカップ(W杯)南米予選第4節を終えて、FIFAランキング60位の小国が旋風を巻き起こしている。

 面積が日本の4分の3ほどで、人口約1750万人のエクアドル。赤道直下に位置し、国名はスペイン語で「赤道」を意味する。

 10月8日の第1節(アウェー)でアルゼンチンに“疑惑のPK”で0-1と惜敗したが、5日後、堅守に定評があるウルグアイを4-2と粉砕。今月12日、標高約3700mの“地獄の高地”ラパスでボリビアに3-2で逆転勝ち。これだけでも十分すごいが、その5日後、FIFAランキング10位のコロンビアを6-1と叩きのめした。

先進的な戦術というわけではないけど

 ブラジルとアルゼンチンに次ぐ3位で、総得点13はブラジルの12点を上回り最多だ。

 とはいえ、先進的な戦術を使うわけではない。相手ボールが自陣に入ってからプレスをかけ、守備ブロックを敷く。ただ、個々の選手のスピードとパワーが素晴らしく、球際が非常に強い。

 アルゼンチンのFWリオネル・メッシ(バルセロナ)、ウルグアイのFWルイス・スアレス(アトレティコ・マドリー)、コロンビアのMFハメス・ロドリゲス(エバートン)らスーパースターを徹底的にマークし、パスもシュートもほとんどブロックしてしまう。

 攻守に貢献する19歳のセントラルMFモイセス・カイセード(インデペンディエンテ・デル・バレ)が攻撃の起点となり、視野が広いベテランMFアンヘル・メナ(レオン)が組み立て、パワフルなCFミカエル・エストラーダ(トルーカ)らが決める。20歳のFWゴンサロ・プラッタ(スポルティング)はスピード豊かなウイングで、途中出場4試合で2得点をあげている。

【次ページ】 南米の“お荷物”扱いだった国が

1 2 3 4 NEXT
ハメス・ロドリゲス
カルロス・ケイロス
モイセス・カイセード

海外サッカーの前後の記事

ページトップ