マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

プロ野球スカウトに聞く「ヨソに獲られた選手で欲しかったのは?」阪神3位指名の… ドラフトウラ話【西武・阪神編】

posted2020/11/11 17:03

 
プロ野球スカウトに聞く「ヨソに獲られた選手で欲しかったのは?」阪神3位指名の… ドラフトウラ話【西武・阪神編】<Number Web> photograph by AFLO

「猛虎打線」復活の布石と期待される阪神1位佐藤輝明(近畿大)

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph by

AFLO

「2020ドラフト答え合わせ」第2回は西武・阪神編。スカウトが明かす「ヨソに獲られたけど、欲しかった選手」。票が集まったのは誰なのか――。

【西武編】「何がなんでも、渡部健人が欲しかったんですよ」

 1位入札で早稲田大・早川隆久(投手)を逃した西武が、繰り上げ1位で桐蔭横浜大・渡部健人(内野手)を指名した。

 176cm112kg……見た目よりずっと機敏に、柔軟に野球のできる右のスラッガータイプ。しかも、直近の秋のリーグ戦で10試合8本塁打……この大爆発がプロ側の印象を一段と強烈なものにしていたのだろう。

 それにしても、「1位」とは驚いた。

「即戦力系投手」の人材が豊富な年。各球団、まずそこを押さえてから「野手」に……全体的にそうした展開になると予想していたので、渡部健人は3位、あっても2位の終わりぐらい……「三塁手」が欲しいソフトバンクが近畿大・佐藤輝明(内野手)を逸した場合か。

 そんなふうに考えていた。

あるスカウト「ヨソに獲られたら、僕らの仕事は“0点”」

「たぶん、みんな、ビックリでしょうけど、僕らはぜんぜん驚いてないんですよ」

 あるスカウトの方が、こんな話をしてくれた。

【次ページ】「ヨソに獲られたら、僕らの仕事は“0点”」

1 2 3 NEXT
埼玉西武ライオンズ
阪神タイガース
渡部健人
佐藤輝明
佐藤蓮

プロ野球の前後の記事

ページトップ