Jをめぐる冒険BACK NUMBER

永里優季インタビュー 男子サッカーの中で感じる「強み」、価値観が変貌した米国生活とは 

text by

飯尾篤史

飯尾篤史Atsushi Iio

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2020/11/05 11:00

永里優季インタビュー 男子サッカーの中で感じる「強み」、価値観が変貌した米国生活とは<Number Web> photograph by Kyodo News

はやぶさイレブンで笑顔を浮かべながら練習する永里。今の自分に充実感を得ているようだ

若い頃は結果を求めてよかった。ただ……

――その境地に達した今、若い頃からこうした生き方をしていたら、もっと違う世界が広がっていたなって思います?

「私は、若い頃はやっぱり結果を追い求めてよかったなって思います。ただ、そこから気づける人と、気づけない人に分かれると思うんですね。私の場合は気づけたから良い方向に転んだんですけど。目標だけじゃないよっていうことを若いうちから知っていたら、もう少し幸福度が上がるのかなとも思います。自分がなんのためにサッカーをやっているのか、なんのために生きているのかを考えながらサッカーをすることは、選手としてのキャリアをより充実させることに繋がるし、そのあとの人生にも繋がっていくと感じますね」

――もしかすると、自分も若い頃、もっと楽しめたのかもしれない?

「楽しめたのかもしれないですね(笑)。若い頃はほぼ義務感でサッカーをやっていたので」

――20歳くらいまではサッカーがあまり好きではなかったそうですね。

「ただ、結果を追い求めたからこそ、山の頂上に登れたのも確かだと思います。そこに居続けたい人は、結果や地位、名誉にこだわって、真の幸福を追求できないのかもしれない。私のようにそこから転げ落ちるように下りて行ったら、下の景色を楽しめたり、また違う山を登るような感覚で生きていけて、幸福度が上がるんだなって感じています」

――それも登ったから分かることですもんね。

「そうなんです」

中編に続く。Number Web以外の外部サイトでお読みの方は関連記事『永里優季「お兄ちゃんが“代表の頃、まるで別人だった”と」 なでしこ辞退後に言われたこと』よりご覧ください)

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
永里優季
はやぶさイレブン

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ