スポーツ名言セレクションBACK NUMBER

本田圭佑「オレのペースに合わせんかったら衝突する」日本代表がもめた“あの日”

posted2020/10/13 17:01

 
本田圭佑「オレのペースに合わせんかったら衝突する」日本代表がもめた“あの日”<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

2009年のオランダ戦で“格上”の中村(10番)に対し、本田(20番)はFKを「自分が蹴る」と主張した

text by

NumberWeb編集部

NumberWeb編集部Sports Graphic Number Web

PROFILE

photograph by

Takuya Sugiyama

 雑誌「Sports Graphic Number」に掲載された記事のなかから、トップアスリートや指導者たちの「名言」を紹介します。

<名言 1>

「最初は相手がどこの誰だろうが、オレのペースに合わせんかったらまずは衝突する」
(本田圭佑/795号 2012年1月12日発売)

◇解説◇

 本田は「外国人とのコミュニケーションにおいて意識していることは?」との質問に対して、このように答えている。

「ぶつかり合いがあるからこそ、相手をわかってくるというか。そこから、相手が何を求めているのか見えてくる」

 自己主張の激しい外国人選手と渡り合うためには、火花を散らすせめぎ合いが必要だと本田は説く。

 実際、本田は日本代表でも若き日から“波紋”を起こすことをためらわなかった。その象徴的なシーンと言えば、岡田ジャパン時代の2009年に遠征したオランダ戦だろう。

 0-0で迎えた後半18分、日本はペナルティエリア外や右の位置で直接フリーキックのチャンスを得る。ここでキッカーの位置についたのは中村俊輔と遠藤保仁、そして本田だった。

本田圭佑と中村俊輔の「衝突」

 角度と序列的には中村がキッカーを務めるのが当然――そんな空気の中で、本田は“オレが打つ”と主張し続けた。最終的には中村が左足を振りぬいたが、2人のやり取りは「衝突」としてメディアに取りざたされた。

 なおアルベルト・ザッケローニ監督体制でも、そのスタイルは何ら変わらなかった。

 ブラジルW杯直前のタイミングで「監督と話がしたい」と指揮官に胸中を明かし、ザッケローニ監督に「圭佑は目的に向かって真っすぐ突き進む人間だ」(861号/通訳日記)と言わしめたという。

【次ページ】「満足できないのであれば、今すぐ出ていってもらう」

1 2 3 NEXT
本田圭佑
福西崇史
ヴァイッド・ハリルホジッチ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ