マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

早川隆久、高橋宏斗は競合必至 広島&楽天が“単独”で狙うべきピッチャーとは? 2020年ドラフト目玉候補<投手ベスト3>

posted2020/10/18 11:03

 
早川隆久、高橋宏斗は競合必至 広島&楽天が“単独”で狙うべきピッチャーとは? 2020年ドラフト目玉候補<投手ベスト3><Number Web>

ドラフト目玉ベスト3 投手編(1)トヨタ自動車・栗林良吏(24歳・177cm80kg・右投右打・名城大)

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

 4回連載にまとめて、外野手、内野手、捕手、投手の順に、今年のドラフト注目ベスト3をポジション別にお伝えする。最後は逸材が揃う投手編だ。(全4回の4回目/外野手編内野手編捕手編へ)。

 毎年、最多の指名人数を占める投手カテゴリーからは、4投手を紹介したい。

 今年のドラフトは、早稲田大・早川隆久投手、中京大中京高・高橋宏斗投手、近畿大・佐藤輝明内野手の3人に、合計9~10球団の「1位入札」が集中すると見ている。

 早稲田大・早川投手、中京大中京高・高橋投手については、すでに複数のメディアがそのプロフィールを紹介していて、みなさんもかなりご存じだろう。

 ならば、ここは、“重複”の間隙を縫って、“単独”で即戦力、好素材を……とたくらむチームが「ターゲット」にしているであろう3投手を、まず挙げてみようと思う。

投手編(1)トヨタ自動車・栗林良吏(24歳・177cm80kg・右投右打)

 派手な「数字」や実績はなくても、玄人受けする「大人の投手」なら、トヨタ自動車のエース・栗林良吏(24歳・177cm80kg・右投右打・名城大)を、まず挙げたい。

 大学当時から注目の1人だったものの「上位指名なら……」のプロ志望だったらしく、社会人野球に進んだが、その「2年間」がよかった。

 球持ちがよく、打者からリリースの見にくいフォームを身に付け、両サイドに投げ分けるコントロールが向上して、打者に向かっていく集中力が違ってきた。  

 アベレージ145キロ前後の速球にカットボール、カーブ、フォークとの緩急を駆使して、栗林良吏の真骨頂は「なかなか負けないピッチング」だ。社会人一線級のチームのエースとして、厳しいトーナメント勝負の世界で試合を重ねながら、強靭な「実戦力」を獲得した。

 調子の波に左右されずに、先発すれば“どうにかこうにか”試合を作って終盤まで進めて、勝ちを呼び込んでくる。投手陣、特に「先発陣」の逼迫している広島、楽天などには、「MAX150何キロ」みたいな派手な数字よりよほどありがたい存在のはずだ。

【次ページ】投手のドラフト目玉“2人目”は?

1 2 3 NEXT
栗林良吏
伊藤大海
山下舜平大
藤野幹大

プロ野球の前後の記事

ページトップ