マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

巨人&ソフトバンクが獲るべき“スーパー三塁手”とは? 2020年ドラフト目玉候補<内野手ベスト3>は…

posted2020/10/18 11:01

 
巨人&ソフトバンクが獲るべき“スーパー三塁手”とは? 2020年ドラフト目玉候補<内野手ベスト3>は…<Number Web> photograph by KYODO

ドラフト目玉候補ベスト3 内野手編(1)近畿大・佐藤輝明内野手(186cm92kg・右投左打・兵庫仁川学院)

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph by

KYODO

 4回連載にまとめて、外野手、内野手、捕手、投手の順に、今年のドラフト注目ベスト3をポジション別にお伝えする。今回は内野手編(全4回の2回目/外野手編捕手編投手編へ)。

「内野手」というカテゴリーでドラフトを語るのは、結構難しいものだ。

 内野には4つのポジションがあり、以前ほどではないにしても、やはり「遊撃」と「二塁」はディフェンス能力が優先されるポジションであり、「一塁」「三塁」はバッティング能力が優先というよりも、兼備していてほしい……そんなすみ分けになる。

 今年のドラフト戦線、それぞれに、個性的なカラーを持った「内野手」が、高校にも大学にも、社会人にも、何人かいる。

内野手編(1)近畿大・佐藤輝明(186cm92kg・右投左打)

 久々に、打てて守れて、走れもする正真正銘の「スーパーサード」が、プロ野球界に登場しそうだ。

 近畿大・佐藤輝明内野手(186cm92kg・右投左打・仁川学院)の素質は、2年生当時からすでにスカウトたちが揃って楽しみにしていたものだ。

 近畿大の偉大な大先輩・糸井嘉男(阪神)二世とか、雄大な飛距離を引き合いに柳田悠岐(ソフトバンク)二世などと評されているが、これだけ走攻守ハイレベルで揃った大型三塁手は、もしかしたら初めて現れたのではないか。

 このサイズであれば、普通は足元のプレーに脆さがあるものだが、佐藤のフィールディングは三塁線の強いゴロにグラブが届き、併殺狙いの二塁送球の連動で頭が上がらず、セーフティの処理でも最後までフットワークがしっかりとしている。

「遊撃手」としての可能性すら探りたくなるような細かくスピーディーな足さばきと高精度のスナップスロー。バッティングから注目され始めた選手だが、むしろ今では、「守備力」のほうが信用できるほどだ。

 タイミングが合えばスタンドインの長打力に、躊躇なく盗塁できる機動力。本気で「トリプルスリー」を視野に入れてほしいスーパープレーヤー候補だ。

 松田宣浩、内川聖一、長谷川勇也……打の中枢にかげりが出ているソフトバンクを先頭に、打てる内野手が欲しい巨人等々、「何がなんでも!」と力が入る選手のはずだ。

【次ページ】内野手のドラフト目玉“2人目”は?

1 2 3 4 NEXT
佐藤輝明
元山飛優
山村崇嘉
萠抜哲哉

プロ野球の前後の記事

ページトップ