マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

「キャッチャー転向1カ月なのにカープ“石原慶幸”の匂い」2020年ドラフト目玉候補<捕手ベスト3>は?

posted2020/10/18 11:02

 
「キャッチャー転向1カ月なのにカープ“石原慶幸”の匂い」2020年ドラフト目玉候補<捕手ベスト3>は?<Number Web>

ドラフト目玉ベスト3 捕手編(1)日大藤沢高・牧原巧汰(174cm78kg・右投左打)

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

 4回連載にまとめて、外野手、内野手、捕手、投手の順に、今年のドラフト注目ベスト3をポジション別にお伝えする。今回は捕手編(全4回の3回目/外野手編内野手編投手編へ)。

 ウチは「捕手」はいらない……今、そんなセリフが吐ける球団があるだろうか。  

 たとえば1970年代なら南海・野村克也、巨人・森昌彦(祇晶)をはじめとして、阪神・田淵幸一、中日・木俣達彦、ヤクルト・大矢明彦、近鉄・梨田昌孝、有田修三……「チームの顔」ともいえるレギュラーマスクが君臨していて、子供でもスラスラとその名前を挙げられたものだ。しかし、今は、大人の野球ファンでも、なかなか名前が出てこないのが、残念でならない。

 どうしてだろうか……? 何度も考えたことがあるのだが、身体能力だけで獲り過ぎるのか、「捕手」にうってつけの粘り強く、しつこく、人のウラをかくのが大好き……そんな人格を生み出しにくい社会になっているのか。答えはいまだに出ていない。

 日本のプロ野球が、「捕手」から崩壊していかないことを祈るばかりである。

捕手編(1)日大藤沢高・牧原巧汰(174cm78kg・右投左打)

 今年の捕手のイチオシは「高校生」だ。

 打てて守れて、聞きたがりの知りたがり……内面まで合わせて、チームの顔的レギュラーマスクになれる資質を搭載した“逸材”が、日大藤沢高・牧原巧汰捕手(174cm78kg・右投左打)だ。

【次ページ】「2年生でなんだこりゃー!」

1 2 3 4 NEXT
牧原巧汰
古川裕大
荒木友斗
栄枝裕貴

プロ野球の前後の記事

ページトップ