JリーグPRESSBACK NUMBER

巧い、強い! フロンターレ前半戦ゴラッソ・コレクション5選【ポイント図付き】

posted2020/10/02 20:00

 
巧い、強い! フロンターレ前半戦ゴラッソ・コレクション5選【ポイント図付き】<Number Web> photograph by Getty Images

浦和戦で鮮やかなボレーシュートを叩き込んだ山根視来。家長昭博の浮き球パスも“オシャレ”だった

text by

いしかわごう

いしかわごうGo Ishikawa

PROFILE

photograph by

Getty Images

Jリーグは新型コロナウイルス中断期間があったものの、後半戦に差し掛かっている。その中で首位を快走するのは川崎フロンターレだ。2位セレッソ大阪に勝ち点差11をつける独走とともに得点「59」もダントツ。そこで今回は第18節までの印象に残る“ゴラッソ”を川崎を定点取材する、いしかわごう氏に5つ選んでもらった。

第8節G大阪戦:大島僚太
 全く予期せぬタイミングと軌道だったのだろう。

 大島僚太が右足のアウトで一閃すると、ゴールネットに吸い込まれていくその弾道を、名手・東口順昭も見送るしかなかった。この大島の一撃が決勝弾となり、ガンバ大阪との首位攻防戦を制した川崎フロンターレは、その後も首位をひた走ることとなった。

 注目すべきは、アシストをした三笘薫の仕掛けだろう。猛威を振るい始めた新人ドリブラーの仕掛けを警戒したガンバ守備陣は、瞬間的に3人が対応。ただそれによって大島がフリーになっている。三笘が時間を作ってくれたことが大きかったと大島は話す。

「薫のドリブルは相手にとって脅威だと思いますし、あのシーンも人数をかけて(相手の)チャレンジ&カバーも多かった。引きつけてくれたことで、僕自身にも時間が生まれたかなと思います。チームみんなで奪えたゴール」

 この得点に関していえば、ダイレクトで合わせた技術もさることながら、大島自身の変化が感じられた点で興味深かった。

インサイドハーフ大島が狙うミドル

 去年までボランチを務めていた彼は、ゴールやアシストよりもその1つ前のプレーを担うことが中心で、たとえゴール前の決定機でも、得点につながる確率が高ければ味方にパスをする選択が多かった。しかしインサイドハーフになったことに伴い、シュートという選択肢の序列を上げた。本人もシュートを選択した後の展開をイメージすることが多くなったと話している。

「打てそうだなと思ってその選択をしなかった時に、『打ってみたら、どうだったかな』と感じることも多いです。なるべくそういうところで、そこの(打つ)選択は持とうと心がけるようになっています」

 実際、このG大阪戦直後のルヴァンカップ・鹿島アントラーズ戦でも得点を記録。この時も自分の決断に明確な変化があると言及している。

「今までだったら、あのタイミングでもう1個(ボールを)持ったりしたかもしれないですけど、自分の中で『打ってしまえ』という気持ちの持ち方が少し違いますね。ゴールを決めてやろうというよりは、『まっ、いいか』ぐらいの気持ちの感じが、そういう選択になっていると思います(笑)」

 今季公式戦で記録した4得点はいずれもミドルシュートだ。あくまで気楽に狙うというところが大島らしいが、そのスタンスが相手守備陣にはより一層の怖さを与えているのかもしれない。

【次ページ】 チョン・ソンリョン→小林悠で仕留める

1 2 3 4 5 NEXT
川崎フロンターレ
三笘薫
中村憲剛
小林悠
チョン・ソンリョン
山根視来
大島僚太
家長昭博

Jリーグの前後の記事

ページトップ