メジャーリーグPRESSBACK NUMBER

グランドスラムを打って謝罪する?
メジャーに受け継がれる不文律。

posted2020/08/24 11:30

 
グランドスラムを打って謝罪する?メジャーに受け継がれる不文律。<Number Web> photograph by Getty Images

昨季は打率.317、22本塁打で新人王投票3位に入ったタティスJr.。今季も打率.317、12本塁打(8月20日現在)で、チームを引っ張る存在だ。

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph by

Getty Images

 どんな世界にも、「暗黙のルール」は存在するものだが、それらも時代が変遷するにつれ、徐々に変わっていくものなのだろうか。

 メジャーには「unwritten rules(明記されていないルール)」と呼ばれる不文律が、古くから受け継がれてきた。そんなグレーゾーンに脚光が当たるプレーが起こった。

 8月17日に行われた「レンジャーズ-パドレス戦」。パドレスが10-3と大量リードした8回表1死満塁の状況で、パドレスのフェルナンド・タティスJr.が、カウント3ボール0ストライクから満塁本塁打を放ったことが、米国球界で論議を呼んだ。

 試合の形勢がほぼ決まった終盤に、相手に対してさらにムチを打つようなプレーは恥ずべき、とするのが、これまでの不文律とされてきた。試合後、大敗したレンジャーズのクリス・ウッドワード監督は「明記されていないルールは数多く存在するし、今も維持されている。(3-0からのスイングを)私は個人的に好きではない。7点リードの8回で、カウント3-0から打つのは、いいタイミングではない」と、タティスJr.の一打を痛烈に批判した。

グランドスラムを打って謝罪する。

 これに対し、SNS上では是非を問うアンケートが行われたのをはじめ、タティスJr.を擁護する意見が相次いだ。

「サイン盗みをしたアストロズが謝罪しても、グランドスラムを打って謝罪する必要はない」

「3-0からでも、投手がいい球を投げればいい」

 そもそも野球規則に反しているわけではなく、試合進行上の“ルール”では何ら問題はない。ただ、カウント3-0となった時点で、パドレスのグレン・ホフマン三塁コーチは「待て」のサインを出していた。それが、パドレス側の礼儀だった。ところが、タティスJr.は、そのサインを見逃していた。

「試合に集中していて、三塁コーチを見ていなかった。幼い頃から野球をやってきて、球界に多くの暗黙のルールがあることは知っていたが、今回は知らなかった」

【次ページ】 「我々はこれを最後にしたい」

1 2 NEXT
サンディエゴ・パドレス
フェルナンド・タティスJr.

MLBの前後のコラム

ページトップ