Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<パイオニア対談>
野茂英雄×山中伸弥「iPS細胞とトルネード投法」 

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2020/08/24 07:30

<パイオニア対談>野茂英雄×山中伸弥「iPS細胞とトルネード投法」<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

野茂英雄(左)と山中伸弥、道を切り拓いてきた2人のオンライン対談が実現した。

ノーベル生理学・医学賞を受賞した研究者と、日米球界の枠を飛び超えた先駆者による異色のオンラインリモート対談が実現した。コロナの現状、iPS細胞、トルネード、人生論。最前線で道を切り拓いてきた者同士が共鳴した。


山中 初めまして。野茂さんは今、東京にいらっしゃるんですか。

野茂 いつもは1シーズンの半分くらいはサンディエゴ(パドレスのアドバイザー)で過ごすのですが、コロナの影響で今年は2月のアリゾナキャンプを最後にアメリカには行けず、東京中心の生活です。

山中 僕も2007年から13年間、最低月1回、多い時は月2回ほどサンフランシスコの研究所に行っているのですが、半年間行けていません。僕はランナーでもあるので、夏に涼しいサンフランシスコで走るのが楽しみのひとつなのにそれもできず……。8月の京都や大阪を走るのは、暑すぎて命の危険すら感じますから。

野茂 この時期のカリフォルニアは過ごしやすいですよね。

山中 今回の対談では、まず野茂さんに感謝の気持ちをお伝えしたいと思っていたんです。というのも僕は'93年から3年間、サンフランシスコのグラッドストーン研究所に留学していて、野茂さんがロサンゼルス・ドジャースに入った'95年はまさに、アメリカで研究に勤しんでおりました。同僚に日本人はおらず少し萎縮しながら日々仕事をしていたわけですが、野茂さんの活躍はアメリカ人の心もとらえて、毎日のようにその話題で盛り上がりました。日本人として得をした気分になると同時に、僕自身とても勇気づけられました。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 4865文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

野茂英雄
山中伸弥

MLBの前後のコラム

ページトップ